トップページニュース漁、競り・市場 > 越前がに高騰 ズワイ競り値2割上昇 ブランド向上・時化続き出漁減 民宿、旅館 仕入れ苦慮

越前がに高騰 ズワイ競り値2割上昇 ブランド向上・時化続き出漁減 民宿、旅館 仕入れ苦慮

2021年12月10日

漁、競り・市場

時化による出漁数の減少に伴う品薄で価格が高騰している越前がに=12月8日、福井県越前町厨(くりや)の「越前うおいち」

 福井県の冬の味覚の王者、「越前がに」の取引価格が高騰している。県によると11月のズワイガニ1キロ当たりの競り値の平均は過去最高値を記録した昨年より2割上昇。最高ランク「極(きわみ)」の登場でブランド力が高まってきたのに加え、時化(しけ)続きによる出漁日数の減少などが要因とみられる。越前町や坂井市三国町の民宿や旅館は仕入れに苦慮し、宿泊料を値上げしたところもある。

 漁解禁日の11月6日、越前漁港には「極」2匹が水揚げされ、1匹が過去最高の80万円の値を付けるなど、地元は活気と期待に包まれた。しかし、越前町漁協によると翌7日から約1週間、時化が続いて漁に出られなかった。その後も荒天が多く、11月の出漁回数は同漁協過去最少の5回。ズワイの水揚げ量は前年同月比5%減だった。雌のセイコガニもズワイの価格高騰に引っ張られ、1キロ当たり競り値の平均が昨年の1.7倍となっている。小林利幸組合長は「こんなに漁に出られなかった年は初めて」と首をかしげる。

 県底曳網漁業協会は、旺盛な旅館の需要に対し供給が追いつかない状況で、価格高騰を招いていると指摘。県によると漁獲金額の6割以上を占めるズワイの11月の県全体の漁獲量は約56トンで、前年同月比1割減となっている。

 越前町内の旅館では需要の高まりを予想し、価格上昇に備え宿泊料を昨年より約1割引き上げて今季を迎えたところもある。この旅館ではそれでも採算が合わず、12月に入って再値上げに踏み切った。経営者は「ズワイの仕入れが3万円以上かかると、1泊5万円でも苦しい」と苦渋の表情を見せる。

 越前町内で旅館を営む越前海岸観光協会連合会の今村真美子会長は「カニ料理を出せなくなっている旅館もある。コロナ禍でキャンセルが相次いだ昨年以上の苦境」と声を落とす。

 価格高騰と品薄の中でも、道の駅越前(越前町厨)の鮮魚店「越前うおいち」の客足は落ちていない。同店ではズワイは5万円~8千円、セイコは5千円前後。価格を昨年から据え置いた分、サイズは小振りにして対応しているという。山田真寿美店長は「1人で10万円以上購入する客もいる。年末年始にはさらに価格が上がるとにらんで、今のうちにまとめて買っておこうとしているのでは」と話している。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

みくに隠居処

みくに隠居処

国内最上級品質の「三国産」越前がにを使用したコース料理が日帰りで楽しめる。家族や会社の小旅行などでも気軽にご利用頂けます。

越前かに料理「鹿島」

越前かに料理「鹿島」

三国の海・空そして極上の越前かにフルコース料理!

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品