トップページニュース解禁 > 越前がに漁6日解禁 新ブランド「極」期待 推定資源量は昨季以上

越前がに漁6日解禁 新ブランド「極」期待 推定資源量は昨季以上

2015年11月05日

解禁

昨シーズンの漁解禁日に、漁船から次々と水揚げされた越前がに=2014年11月6日、坂井市の三国漁港 福井が誇る冬の味覚「越前がに」は、6日午前0時に漁解禁となる。県水産試験場の調査では、今シーズンは雄のズワイガニと水ガニ(ズボガニ)、雌のセイコガニとも本県沖合の資源量は、昨シーズンを上回ると推定。関係者の間では今季から売り出す最高級ブランド「極(きわみ)」の水揚げにも期待が高まっている。


 ズワイは甲羅幅9センチ以上、脱皮して半年以内のズボは同10センチ以上が漁獲対象となる。県水試は6月に本県沖20地点で資源調査を行い、網にかかった数から資源量を算出。ズワイ、ズボの雄ガニは1967トン、セイコは651トンと、ともに昨季を上回ると推定した。


 漁獲量は天候の影響も考慮し、雄ガニは「昨シーズン並みか、やや上回る」、セイコは「昨シーズンをやや上回る」と見込んだ。昨季の漁獲量は雄ガニ275トン、セイコ121トンの計396トンだった。

 越前がには日本海側の数あるカニの中で最も単価が高い。漁獲高は年ごとの天候や漁獲量に左右されるが、2013年シーズンには過去最高額の18億6600万円を記録した。その最高級の地位を盤石にして全体の価格向上につなげようと、県は今季から新ブランド「極」を設定。重さ1・3キロ以上、甲羅幅14・5センチ以上、爪幅3センチ以上の基準をクリアしたズワイを対象に、新たなタグを付けて売り出す。

 今季の漁期はズワイが6日~来年3月20日、セイコが6日~12月31日。ズボは開始日を昨季より8日遅らせ、来年2月9日~3月20日。1月には本県のみが行っている恒例の天皇家を含む5宮家への献上を予定している。

 5日夜には大小72隻の底引き網漁船が県内の各漁港から出港。越前町大樟の越前漁港では同日午後9時から初の出漁式を行い、豊漁と安全操業を祈願する。初競りは、同町小樟の同町漁協で6日午後5時から、坂井市三国町の県漁連三国支所では同日午後6時からを予定している。

 県底曳網(そこびきあみ)漁業協会の集計によると、越前がに漁獲量は過去最低の210トンにとどまった1979年シーズン以降は増加傾向で、近年は500トン前後で推移している。ただ昨季は、資源保護の観点からズボの漁期を短縮したことと12月の荒天の影響などで、前季より約60トン減少した。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)