トップページニュース > 古代天皇 和歌詠み舌鼓 角鹿(敦賀)の蟹

古代天皇 和歌詠み舌鼓 角鹿(敦賀)の蟹

2016年01月03日

歴史

  「この蟹や 何処(いづく)の蟹 百伝(ももづた)ふ 角鹿(つぬが)の蟹(このカニはどこのカニ。はるばる遠い角鹿のカニ)」―。古事記には、4世紀ごろ活躍した15代応神(おうじん)天皇が宴席料理を前に詠んだという和歌があり、カニが日本で初めて文献に記されたとされる。角鹿は敦賀(福井県敦賀市)の古名。古代、県産のカニは朝廷への献上品の一つに数えられていた。


 角鹿は現在の敦賀市を中心に越前町なども含む領域。一帯を治めた豪族「角鹿氏」の系譜を受け継ぐ、福井市立郷土歴史博物館長の角鹿尚計(つのがなおかづ)さん(55)は「豊かな海の幸は古事記に残るほど喜ばれた。御食国(みけつくに)として朝廷の台所を支えた」とみる。

 ところで、文献に出てくるカニの種類はよく分かっていないという。万葉集の記述を参照すると、淡水や汽水のカニとの説も有力らしい。「県民としてはズワイやセイコだと夢が広がるんですけどね」と角鹿館長。


 文化人も同じ思いを抱いたのか。敦賀出身で江戸―明治期の日本画家、内海元紀(もとのり)は1874(明治7)年出版の詩画集「敦賀十勝」で「角鹿の蟹」を描写した。その姿は冬の味覚の王様「越前がに」にしか見えない。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

越前かに料理「鹿島」

越前かに料理「鹿島」

三国の海・空そして極上の越前かにフルコース料理!

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品