トップページニュース2013年11月 > 【コラム・越山若水】越前がに漁解禁

【コラム・越山若水】越前がに漁解禁

2013年11月08日

解禁

 越前がに漁が解禁された。雄のズワイガニは福井の逸品として全国に知れ渡る。県人としても鼻が高い。しかしその味覚を問われても、あまりに高価なので口を濁すしかないけれど…

▼その名声はいにしえの奈良の時代からとされる。ご存じ、「古事記」に登場する挿話である。行幸を終えた応神天皇は宇治の木幡(こばた)で美しい少女に出会った

▼娘から名前を聞き出した天皇は翌日、家を訪ね食事を召し上がった。そのとき歌を詠んだという。「この蟹(かに)や 何処(いづく)の蟹 百伝(ももつた)ふ 角鹿(つぬが)の蟹 横去らふ 何処に至る」

▼この蟹はどこの蟹? 遠い敦賀の蟹ですよ 横に走ってどこ行くの…。この時代は母系家族制。名を問うのは求婚であり、娘の家で食事をするのはすなわち婿入りの儀式である

▼応神天皇が詠んだ祝婚歌。宴席のお膳の上には「角鹿のズワイ蟹が赤く大きくつやつや光ってゐた」と作家の故丸谷才一さんは「樹液そして果実」(集英社)で書いている

▼古事記の歌が越前がにの初出とされるが、ズワイガニかどうかは確証がない。水深数百メートルにすむカニを捕獲するのは当時難しく、ワタリガニ説もある

▼それはさておき、今シーズンは資源減少を受け雌のセイコガニと雄の水ガニの漁期を短縮したという。どちらも庶民の食卓を飾る越前がに。“高値のかに”となってささやかな贅沢(ぜいたく)が消え去らぬよう祈るばかりだ。(2013.11.7)


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)