トップページニュース漁、競り・市場 > 卵抱えたセイコガニ脱皮 越前町 国内2例目

卵抱えたセイコガニ脱皮 越前町 国内2例目

2017年12月27日

漁、競り・市場

卵を抱えたまま脱皮しようとしているのが確認されたセイコガニ 福井県越前町の越前漁港で水揚げされたばかりのセイコガニが、町内の水産物卸会社の水槽内で、卵を抱いたまま脱皮しようとしていたのが確認された。セイコガニは最終脱皮後に産卵するとされ、定説とは異なる珍しい現象が起きたと地元関係者の注目を集めている。

 確認されたのは同町米ノの鮮魚仲買「かねいち水産」の水槽。22日朝、甲羅の後ろの縁が割れた隙間から新しい胴体の一部が外に出ているのを社員が見つけた。脱皮は成功しないまま途中で死んでいたという。同町厨の道の駅「越前」で同社が運営する鮮魚店「越前うおいち」内に翌日まで展示。山田眞壽美店長は「初めて見た」と驚きを隠せない様子だ。

 日本海区水産研究所の山本岳男主任研究員によると、卵を腹に抱いた状態のセイコガニの脱皮が確認されたのは1966年に島根県で見つかった個体に次ぎ国内2例目。山本研究員は「ごくまれな事例だが、ズワイガニには奇形の個体などが見つかることもある。今回はその一つでは」とみている。産卵に向け脱皮をやめるメカニズムがおかしくなった可能性があるという。

 越前がにミュージアム(同町)によると、セイコガニは生涯に10回脱皮を繰り返す。最終脱皮を終えると、成長のためのエネルギーを産卵向けに使うため脱皮はしないとされるという。このセイコガニは現在、同ミュージアムで冷凍保存しており、大間憲之主任研究員は「今後の研究に役立てたい」と話している。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

国内最上級品質の「三国産」越前がにを使用したコース料理が日帰りで楽しめる。家族や会社の小旅行などでも気軽にご利用頂けます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品