トップページニュース2016年11月 > 越前がに「極」2年目 追随許さぬ「本物」へ 【ふくいの食 最前線 農林水産業の挑戦】

越前がに「極」2年目 追随許さぬ「本物」へ 【ふくいの食 最前線 農林水産業の挑戦】

2016年11月01日

解禁

  越前がに漁が今季も例年通り11月6日に解禁になる。昨季、福井県は極上品質のズワイガニを「極(きわみ)」と名付け、国内最高峰のカニ産地として福井の名を改めて全国にとどろかせた。越前がに全体の価格底上げにも成功。香港、シンガポールでの「食文化提案会」でも本県が誇る越前がには“主役”としてバイヤーらの注目を集めそうだ。一方で県内飲食業者らからは、ブランド力の一層の向上も求められている。

 カニは一般的に漁獲量が増えれば単価が下がる。しかし昨季のズワイガニにセイコ、ズボガニを含めた越前がに全体の漁獲量は前季比19%増の474トンとなった一方で、漁獲金額も19%増えて過去最高の21億2100万円を記録した。その要因として県は「極」効果を挙げる。

 県は「極」2年目の今季、本県水産業の振興とともに流通・販売戦略にも一層力を入れる。底引き網漁のダイナミックな映像を漁解禁日から東京都内3カ所の大型ビジョンなどで放映するとともに、越前がにを証明する黄タグにQRコードを付けて購入者にスマートフォンなどからの視聴を促す。首都圏などで「福井といえばカニ」のイメージを、より高めて本県誘客に結び付けるのが狙いだ。

 昨季、越前町漁協などの漁現場では▽重さ1・3キロ以上▽甲羅幅14・5センチ以上▽爪幅3センチ以上―という極の基準を厳格に運用した。中でも重さは、カニはゆでると身が締まって軽くなるため、「1・5キロ以上」を自主基準とした。

 プロの目で「左右の足のバランスが悪い」と判断すれば、極タグは付けないなど姿形にも徹底してこだわり、ブランドの信用度を高めた。こうした努力が、昨季の越前がに全体の漁獲金額を約2割上向かせる好循環を生んだ。ただ福井市の料亭・開花亭の開発毅社長は「極に関わる生産者、流通業者、料理人らが一丸となり、他産地の追随を許さない参入障壁を築くべきだ」と訴える。

 鳥取県も昨季から「五輝星(いつきぼし)」という名で松葉がにのブランド化を始めた。石川県にも「加能がに」がある。単価で圧倒的に勝る越前がにだが、取れるのは同じ日本海。カニは年末の接待にも重宝され、景気動向に左右される食材でもある。それだけに開発社長は「極が今後も安定して売れていくためには『本物を本物たらしめる定義』が必要」と考える。

 具体的には、今以上に温度管理を徹底した流通、本県ならではの調理法の体系化、新たな食べ方の提案などを挙げる。「富裕層といっても何にでもお金を出すわけじゃない。極がなぜ高いのか。しっかりとした理屈がなければ、納得してもらえない」と指摘する。

 極のブランディングは、まだまだ始まったばかりの段階。県水産課は「インパクトのあるPRの仕方や料理の提供方法などの工夫を重ねながら、トップブランドとしての地位をさらに高めていきたい」と意気込んでいる。
 


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)