トップページニュース > 越前がに、サバずし…特産品販売も 東京・神楽坂でまつり

越前がに、サバずし…特産品販売も 東京・神楽坂でまつり

2012年11月24日

イベント

神楽坂通りを練り歩く登城行列=23日、東京都新宿区 福井県自慢の旬の味覚を一堂に集めるイベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」(県、若狭湾観光連盟主催、福井新聞社共催)は23日、東京都新宿区の神楽坂通りで開幕した。全国から観光客が訪れる「街歩き」のメッカで、福井ブランドを発信する。24日まで。

神楽坂は、江戸時代に小浜藩主の酒井忠勝が構えた屋敷から江戸城の牛込御門に続く登城道として整備されたのが起源。イベントは2008年から開かれており、今年で5回目。

メーン会場の赤城神社で行われたオープニングセレモニーでは、西川知事が「北陸新幹線がまもなく金沢まで開業し、福井が近くなる。福井の魅力を知ってもらい、神楽坂が福井との懸け橋になることを期待」とあいさつし、開幕を祝った。

境内ではテントが並び越前がにやサバずしなど特産品の試食・販売が行われた。また地元の神楽坂商店街の協力を得て沿道に観光PRコーナーが設置されたほか、ふくいブランドコーナーでは県産品の販売と恐竜の骨格が展示され、家族連れの人気を集めた。

若狭路浪漫教室と名付けたへしこの料理教室では、へしこのいろいろな食べ方などが紹介されていた。

時代衣装を着飾った武士の格好をした人たちが通りを練り歩く「登城行列」も行われ、酒井忠勝や徳川家光役らが槍(やり)持ち、弓持ちを引き連れ、かつての登城の光景を再現。沿道では大勢の人たちがカメラを構え、見入っていた。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

みくに隠居処

みくに隠居処

名物カニ料理「宝楽蒸し・蟹味噌しゃぶ・塩釜焼き」をはじめ、創作カニ料理を提供する越前がにの本場「三国」の名店。1日3組限定のお宿も併設!

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)