トップページニュースイベント > 「越前がに」ずらり旬満喫 越前町、三国でまつり 20日まで

「越前がに」ずらり旬満喫 越前町、三国でまつり 20日まで

2016年11月20日

イベント

 

 福井県の冬の味覚、越前がにを振る舞うイベントが19日、越前町と坂井市三国町で始まった。来場者は新鮮な海の幸やグルメをじっくり品定め。両会場は漁港の活気に負けないほど大いににぎわった。

 越前町厨の道の駅越前では「越前かにまつり」が開かれ、セイコがまる1匹入った恒例のかに汁販売が大盛況。来場者の要望を受けて今年は200食増の700食が用意され、午前4時ごろから引換券を求める列ができた。神戸市から訪れた富永いづみさん(60)は「3時間並んだかいがあった。だしがたっぷり出ていて胃に染み渡る」と目を細め汁をすすっていた。

 
 ズワイの最上級ブランド「極(きわみ)」も会場に登場。水槽で特別展示され、来場者は迫力ある大きさに目を丸くしていた。
 
 20日は午前9時~午後4時。1食400円のセイコガニ汁は午前9時、午後1時から引換券を販売する。
 
 坂井市の三国サンセットビーチ駐車場では「三国温泉カニまつり」が開幕した。同市三国町内の鮮魚店5店が、ズワイやセイコを市価より2割ほど安く販売。ほかにも三国港で水揚げされた新鮮な魚介類が並んだ。
 
 午前6時の開始前から会場を訪れ、品定めする人の姿も。恒例のガサエビ鍋の無料振る舞いには長蛇の列ができた。カニ汁の販売もあり、来場者は熱々を味わっていた。家族で来た酢馬心(すまこころ)ちゃん(9)=同市=は「大好きなカニが入ったカニ汁がおいしい」と話していた。
 

 まつり実行委員長の伊野勝博さん(66)は「しけで出漁できる日が少なかったが何とか数をそろえた。明日は売り切れも予想されるので早めの来訪を」と話していた。
 
 20日は午前6時~午後4時半。ガサエビ鍋は午前9時半、同11時半、午後1時半、同3時の4回、各300食を提供する。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)