トップページニュース > カニ鍋、水仙に人波 南越前で荒波フェスタ 海の幸もずらり

カニ鍋、水仙に人波 南越前で荒波フェスタ 海の幸もずらり

2018年01月21日

イベント

  第43回水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)の「荒波フェスタ」が20日、福井県南越前町の河野シーサイドパークで開幕した。会場の大型テント内は水仙の甘い香りやカニ鍋の湯気が立ちこめ、訪れた家族連れらの笑顔があふれた。21日まで。

 フェスタは午前10時の餅まきでスタート。岩倉光弘町長や水仙娘ら計6人が餅とお菓子合わせて約1100個をまいた。

 水仙娘の3人による越前水仙の無料配布は2回あり、午前11時の初回は開始前から長蛇の列ができた。家族で訪れた坂井市平章小4年の谷村彩華さん(10)はつぼみをつけた水仙を受け取り「玄関に飾りたい。咲くのが楽しみです」と話した。
 セイコガニが丸ごと1匹入ったカニ鍋も大人気。大鍋からもくもくと立ち上る湯気に引かれるように、大勢が買い求めていた。魚介類の炭火焼きや干物、カニ、水仙を販売する約20店もにぎわった。
 愛知県東海市から訪れた西村兼一さん(47)は「新鮮な海の幸を楽しみにしていた。たくさん食べられるよう空腹で来ました」とカニ鍋に舌鼓。次男の元貴(はるき)君(8)は「餅まきでたくさんゲットできた。雪遊びをしたいな」と笑顔だった。
 21日も午前10時~午後4時に行う。越前水仙の無料配布は午前11時、午後2時から各回200束限定。カニ鍋や魚介類、水仙を販売するブースもある。
 近くにある北前船主の館・右近家の開館時間は午前9時~午後4時。国指定重要文化財の中村家住宅も21日まで特別公開されている。
 水仙まつりは南越前、越前町、福井市越廼地区の越前海岸で先月16日に始まった。22日に閉幕する。
 

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)