トップページニュース2016年1月 > 19歳のカニ漁師 祖父と父の背中追う

19歳のカニ漁師 祖父と父の背中追う

2016年01月03日

 

 約16時間に及ぶ漁を終え、福井県越前

町漁協所属の底引き網漁船「真彰丸」が越前漁港に戻ってきた。船上には越前がにが山積み。アカガレイ、バイガイ、エビなどが入ったトロ箱も満載だ。漁師2年目の島田克政さん(19)=越前町大樟=が、越前がにに手際よくタグを付け、トロ箱をトラックの荷台に運

ぶ。汗をぬぐいながら「大漁? いやいや、きょうは中の下ぐらいですよ」と笑う。


 祖父の彰さん(68)から続く漁師一家で、克政さんは父賢一さん(41)に続く3代目。物心ついたころから、将来は漁師になることを思い描いてはいたが、「決められた道を選ぶのが嫌」と思った時期も。しかし、船頭としてかじを取る祖父、父の姿を間近に見るにつれ、高校3年時に「長男の自分がやらなければ」と心を決めた。

 漁師は、天候や海の状態に左右され時間が不規則。夏のイカ漁の時期は昼夜逆転の生活で1、2カ月間は県内外の漁場を回る。海の状態が変わりやすい冬は、急に出漁が決まることも。「友達と遊びに行く約束がなかなか守れない」のが悩みの種だ。そんな3代目を彰さんは「物覚えがいいし、よく頑張っとる」。賢一さんも「自分の若いころより真面目で責任感も出てきた」と成長に目を細める。

 「今は漁師としての基本を覚える時期。だけどいつか、祖父と父に一人前の漁師として認められたい」と克政さん。夢に向かって精進を続けている。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)