トップページニュース2011年11月 > 年に1度の“光景”越前がに漁解禁前夜 底引き網船一斉出漁

年に1度の“光景”越前がに漁解禁前夜 底引き網船一斉出漁

2011年11月07日

解禁

越前がに漁に向け港を出港する底引き網船の光=5日午後10時15分ごろ、福井県越前町厨

福井県越前町の越前海岸沿いで、年に一晩しか見られない光景がある。越前がに漁解禁の間際、港の沖合に浮かび上がる漁船の“結集”だ。今年も5日夜に約50隻が出そろい、午後10時半の合図とともに一斉に漁場に向かった。(嶋本祥之)

船が多く停泊している小樟(ここのぎ)、大樟(おこのぎ)両港では午後9時20分、20隻以上の小型底引き網船に作業灯がともり始めた。ドッドッドッとエンジン音が響く中、漁師たちは船上で漁具の最終点検を開始。安全と大漁を祈り、一升瓶に入った日本酒を船の至る所にまくなど、初漁に向けて表情は緊迫していた。妻や子どもら家族は船を温かく見守り、「パパ、じいちゃん気をつけて」「ようけとってきとっけの!(いっぱいとってきてね)」と声を掛けていた。

同9時50分、船は次々と出港。家族や住民は、様子が一望できる国道305号の高台に急いで移動、付近には車がずらりと並んだ。船は沖合約2キロ以内でいったん待機。同10時半、無線で全船に出発の合図が下ると、幻想的な“明かりの群れ”となった船は、列をつくり一斉に西へ向かった。

同町漁協によると、解禁前に沖合で待つのは、手が入っていない新鮮な漁場に一刻も早く到着したいためで、一斉出漁は漁師の士気も高めるという。毎年の習わしだが、漁師らは「深夜の風習だけに、地元以外に知る人は少ないだろう」と話していた。シーズン中は午前0時前後の出港が多いが、波次第で時間は毎日異なり、沖で待機することもない。

この日は同町から小型46隻、大型6隻が出漁。漁場が遠い大型船は午後6時ごろに港を出た。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

名物カニ料理「宝楽蒸し・蟹味噌しゃぶ・塩釜焼き」をはじめ、創作カニ料理を提供する越前がにの本場「三国」の名店。1日3組限定のお宿も併設!

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)