トップページニュース > 福井ぎっしり 東京・銀座に新拠点 福井県アンテナ店オープン 特産品並べ魅力も発信

福井ぎっしり 東京・銀座に新拠点 福井県アンテナ店オープン 特産品並べ魅力も発信

2023年02月25日

ショッピング

福井の味を求めて大勢の買い物客でにぎわった「ふくい食の國291」=2月24日、東京・銀座1丁目福井グルメが味わえるイートインスペース 東京で福井の情報発信を担う福井県アンテナショップの新店舗「ふくい食の國291」が2月24日、銀座1丁目にオープンした。人通りの多い通り沿いで、売り場やイートインスペースを大幅に拡充。内装に最上級の笏谷石(しゃくだにいし)をふんだんに使うなど趣向を凝らした。2024年春の北陸新幹線県内開業に向け、福井の食や歴史文化をアピールする拠点となる。

 県アンテナショップは従来、銀座と南青山にあったものの、銀座旧店舗は売り場が狭いため品ぞろえの拡充が難しく、南青山店舗「ふくい南青山291」は立地環境から、観光情報の発信は不向きだった。

 新幹線延伸を控え刷新された銀座新店舗は、地上1階、地下1階で延べ床面積約370平方メートルと、旧店舗の3.7倍。南青山店舗の物販機能も集約し、約2千品目を扱う。有楽町駅から銀座中心部に向かう銀座柳通り沿いにあり、年間の来場者と売り上げはともに2店舗合計の1.5倍となる53万人、3億2千万円を見込んでいる。

 新店舗1階には海産物や厚揚げ、水ようかん、地酒など名産品がずらりと並び、観光や移住の相談コーナーもある。地下1階は漆器や打ち刃物など伝統工芸品を紹介するとともにイートインスペースを設けた。イートインスペースでは県外客に人気のおろしそばやソースカツ丼など、本場の福井グルメを提供する。

 入り口付近の壁は石の蔵と土の蔵をイメージ。良質な青い笏谷石を配し、わらを混ぜ込んだ県内の土を使い土壁を造った。天井からは越前和紙や三軸織物の飾りをつるし、東尋坊の柱状節理を表現。商品棚には県産スギを用いた。

 新店舗は昨年8月のオープン予定が遅れ、今年1月まで暫定店舗での営業が続いていた。この日のオープニング式典では杉本達治知事が「福井がぎゅっと詰まったアンテナショップができた。どんどん発信し、福井に行ってみたくなる場所にしたい」と決意を述べた。

 営業時間は午前10時半から午後7時。イートインスペースは午後9時まで。ふくい南青山291はカフェやコワーキングスペースなどを設け、3月下旬にリニューアルオープンする。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品