トップページニュースイベント > 南越前、越前町で来月水仙まつり開幕 水仙配布、カニ鍋販売

南越前、越前町で来月水仙まつり開幕 水仙配布、カニ鍋販売

2010年12月21日

イベント

水仙の収穫が始まった越前海岸沿いの栽培地=南越前町糠 冬の越前海岸を彩る「第36回水仙まつり」(越前海岸観光協会連合会主催、福井新聞社共催)は1月15~30日、福井県南越前町と越前町で開かれる。県花水仙がプレゼントされ、越前がにを中心とした海の味覚を堪能できる年始のビッグイベント。開幕に向け、観光協会や自治体、水仙農家などは「寒さに負けない熱気で会場を包もう」と準備を進めている。

 同まつりは1976年、越前水仙と越前がにの冬季特産コンビで越前海岸を盛り上げようと旧越前町で初開催され、旧越廼村(現福井市)と旧河野村(現南越前町)が加わって3者で続けられた。昨年度から越廼地区が抜けて2町開催となったが、行事の内容を充実させて心機一転。今年も両町が協力して来場者をもてなす。

 まつりは各土日曜に開かれる。1週目は南越前町の河野シーサイドパークで行われる「荒波フェスタ」(15、16日)。水仙無料配布やカニ鍋販売、「水仙体験コーナー」と題した押し花などが楽しめる。

 2週目は越前町のアクティブハウス越前で「水仙園フェア」(22、23日)、南越前町の甲楽城拠点公園で「河野わんさか冬まつり」(23日)があり、カニ鍋や海産物の販売が行われる。

 最終週の29、30日はアクティブハウス越前で「水仙・カニフェア」。カニ鍋や水仙配布、体験コーナーがあり、30日は越前町の千枚田水仙園でも関連イベントがある。また、21~24日には恒例の水仙生花展が福井新聞社風の森ホールで開かれる。

 まつりを盛り上げようと関係者は気合十分。キャンペーンレディーの水仙娘3人は、観光協会や自治体職員と県内外での宣伝活動を続けている。

 農家も開幕を心待ちにしており、栽培歴60年の橋詰美代子さん(79)=南越前町糠=は「にぎやかな季節がやって来る」と海岸に臨む急斜面の畑で栽培、収穫に精を出している。

 各イベントの詳細は越前海岸観光協会連合会=☎0778(37)1234=まで。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)