トップページニュース2022年11月 > どよめく漁港幸先良し 越前がに「極」310万円 にぎわい期待

どよめく漁港幸先良し 越前がに「極」310万円 にぎわい期待

2022年11月07日

解禁

過去最高の310万円で落札された越前がに「極」=11月6日、福井県越前町大樟の越前漁港 11月6日に行われた越前がにの初競り。福井県越前町大樟の越前漁港で水揚げされた最上級ブランド「極(きわみ)」の1匹に、過去最高の310万円の値が付いた。競り前から仲買人たちの注目を集めていたひときわ大きなカニに、破格の価格が提示されると、同漁港は大きな歓声と驚きでどよめいた。

 最高額の極を落札したのは、居酒屋経営のわらび(福井市)の注文を受けたかねいち水産(越前町)。2.2㎏キロの大物で、これまでの最高額だった80万円を4倍近く更新した。

 わらびの中村敏明社長は「正直、価格には驚いたが、待っているお客さんに早く提供したい」と笑顔を見せた。7日に福井市内の店舗で予約客に提供するという。越前町漁協の小林利幸組合長は「コロナ禍や北朝鮮のミサイル発射など不安も多い中で、明るい話題になったのでは」と話していた。

 このほか越前漁港で水揚げされた極は15万~23万円の値が付き(午後9時時点)、うち1匹は「青汁王子」と呼ばれる三崎優太さんが落札した。

 越前町観光連盟によると2020、21年度のカニシーズンの町内宿泊者数は例年の5、6割にとどまった。本年度は10月11日から始まった「全国旅行支援」の後押しもあり、予約数はコロナ禍前の水準まで戻りつつある。「越前の宿うおたけ」(越前町)では11、12月の予約が増え、中には海外からの予約も入っているという。

 福井県水産課によると、本年度の越前がには順調に成長した個体が多く、ズワイ、セイコとも前年度を上回ると見込んでいる。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】