トップページニュース > 越前がに12月の半値 1月単価 「GoTo」停止で 漁期全体は高値水準

越前がに12月の半値 1月単価 「GoTo」停止で 漁期全体は高値水準

2021年02月11日

漁、競り・市場

 福井県が誇る冬の味覚、越前がにの取引価格が急落している。県のまとめによると、雄のズワイガニの1月の競り値単価は、高騰した昨年12月の半分以下に落ち込んだ。国の観光支援事業「Go To トラベル」で高まった需要が、停止によって一気に減少したことで、単価も平年以下に落ち着いた。ただ、11月6日からの漁期全体でみると、昨シーズンの1・4倍と高水準となっている。
 
 県水産課によると、12月のズワイの競り値1キロ当たりの単価は1万5796円と、平年並みだった前年度の1・5倍となった。一方1月は、6648円と12月より約6割下がった。前年度と比べても15%安い。一般的に1月は12月より2~3割安くなるが、例年にない下落幅となった。
 12月まではGoTo効果による需要増と価格高騰で、越前がにを提供する県内の旅館、飲食店はにぎわいながらも、仕入れに苦労し利益を出しにくい状況が続いた。12月下旬にGoToが一時停止となると、各旅館ではキャンセルが相次ぎ、カニの需要も落ち込んだ。
 越前町で旅館や飲食店などを営む企業の経営者は「11、12月は予約分の仕入れに苦戦し、年末以降は大雪の影響もあってキャンセル続き。大変なシーズン」と、GoTo施策に振り回される状況を嘆いた。
 一方、本年度の漁期全体でみると、ズワイの単価は1万2012円で、前年度の約1・4倍と例年にない高値となっている。1月末までの漁獲量は100トン(前年同期比28%減)、漁獲金額は12億200万円(同2%増)だった。しけの日が多く操業延べ日数が前年同期の約7割しかなく、漁獲量が少ないことも単価を押し上げた要因と考えられる。
 ズワイの最上級ランク「極(きわみ)」の漁獲数は48匹で、前年同期より2匹少なくなっている。1匹当たりの単価は約1・5倍。
 12月で漁を終えた雌のセイコガニの漁獲量は109トン(前年比6%減)、漁獲金額は4億2千万円(13%増)。1キロ当たりの単価は前年の1・2倍だった。
 県水産課は「GoToの影響で取引価格は乱高下しているが、最終的な全体の漁獲金額は平年並みになるのではないか」とみている。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮