トップページニュース蟹と水仙の文学コンクール > 詩と俳句で魅力広めて、越前町 蟹と水仙の文学コンクール

詩と俳句で魅力広めて、越前町 蟹と水仙の文学コンクール

2009年09月03日

蟹と水仙の文学コンクール

 福井県越前町は、町特産の越前がにと越前水仙をテーマにした「蟹と水仙の文学コンクール」(福井新聞社共催)の作品を募っている。

 同コンクールは、文学を通して町の名産をアピールしようと2000年に「蟹の文学コンクール」としてスタート、翌年に水仙をテーマに加え、今回で10回目。昨年は詩650編、俳句4610句の作品が寄せられた。

 今回も詩、俳句の2部門で作品を募集する。詩は400字詰め原稿用紙(A4判)3枚以内(ワープロ、パソコン、Eメールも可)、俳句は1人2句まで応募でき、専用はがき、官製はがき、またファクス、Eメールでの応募もできる。住所、氏名、年齢、職業(学校名、学年)、電話番号を明記する。両部門とも小・中・高校、一般の2部で募集。各部の大賞には最高10万円の賞金や図書カード、特産品などが贈られる。10年1月16日に同町越前体育館で行う表彰式の会場で当日吟行投句もある。

 審査は、詩は現代詩作家の荒川洋治さん、俳句は全国俳句団体「鶴」主宰の星野麥丘人さんらが行う。

 応募締め切りは、10月9日消印有効。入選発表は12月14日。応募先は、〒916―0147 越前町内郡13の19の3 越前町教育委員会生涯学習課「蟹と水仙の文学コンクール」係。Eメールは、gakusyu@town.echizen.lg.jp 問い合わせは、同課=電話0778(34)2000。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)