トップページニュース蟹と水仙の文学コンクール > 越前町が文学コンクール創設 カニで一句詠んで町おこし

越前町が文学コンクール創設 カニで一句詠んで町おこし

2000年05月11日

蟹と水仙の文学コンクール

 越前ガニで町おこしをしている福井県越前町は十日、カニにちなんだ詩、俳句を全国から募る「蟹(かに)の文学コンクール」を開催すると発表した。七月には待望の「越前がにミュージアム」がオープン。冬には「かに祭り(仮称)」も予定されている。

コンクールは、越前ガニをもっと全国にアピールしようと企画され、毎年恒例とする。作品は六月中旬から詩と俳句の二部門で募る。カニに関する内容であれば何でも良い。選者は三国町出身の詩人、荒川洋治さんらを予定している。

詩の部は小学生、高校生、一般が対象。四百字詰め原稿用紙三枚以内で一人一編。俳句の部門は中学生以上が対象で一人二句まで応募できる。官製はがき一枚につき一句。どちらも郵送、またはインターネットで受け付ける。

二部門とも小、中、高校生、一般でそれぞれ大賞、奨励賞、佳作を設定し賞金や記念品が贈られる。

また、かに祭り当日、カニ漁で活気づく町を歩き、その場で俳句を作る「吟行投句」賞もある。

応募締め切りは九月二十日。十一月七日に入選者を発表する。

応募先は郵便番号916―0311、越前町梅浦六〇ノ二ノ一、町中央公民館「蟹文学作品募集」係まで。インターネットのアドレスは六月に決まる。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)