トップページニュース蟹と水仙の文学コンクール > 蟹の文学コンクール入賞作品紙上紹介・講評

蟹の文学コンクール入賞作品紙上紹介・講評

2000年11月21日

蟹と水仙の文学コンクール

■詩・講評
詩部門選考委員代表
広部英一

表現に新鮮味、ユーモア

  読んで楽しい作品がそろっていた。サワガニ、磯(いそ)ガニ、松葉ガニなどどんなカニを取り上げてもいいのだが、結果的にやはり越前ガニを題材にした作品が多く寄せられた。

 一般の部で大賞を受賞した「窓の外、窓の中」は家族でカニ鍋(なべ)を囲んだ日の思い出を書いた叙情詩で「昆布がゆらめいたら/白菜だの菊菜だの野菜を入れ/それが煮えたら蟹を入れて蓋をする」などの表現に新鮮味があり、冬の夜の外の静けさや家の中の暖かさが感じられる香り高い作品であった。

 高校生の部大賞「さる、蟹合戦」は好物のカニを題材にした意欲作で、表現や構成に工夫があり、特にユーモアが大きな魅力。中学生の部の大賞「カOニ」は自然に生きているカニの生き方に深く心を寄せながら書いた作品で発想の素直さに注目した。また、小学生の部の大賞「カニさんになって」は赤ちゃんや妹のユーモラスな様子を見ながら「カニさんみたいだね」と書いた、かわいい作品であった。

■俳句・講評
俳句部門選考委員代表
川上季石

様々な視点と思い、身近に

 小中学生の皆さんはほとんど普段の話し言葉の句です。それが五七五になっていてしかも韻を含んで弾みながら楽しい句になっている。高校になると一般の部のように文語体に理解を示しより韻文である現代俳句に共感した作風が多く見られる。

 またテーマのカニをいろいろな視点、思いで詠んでカニがより身近なものになったのではないか。

 小学生大賞の坂口君の作品はこの句の下五「うごいてる」がよい。手足を動かし白い泡を吹いている深海の生き物、それが生きて目の前にいるではないか。どうだこのカニはじいちゃんが遠い荒海で取ってきたんだと誇らしげでもある。

 中学生大賞の伊勢君の作品は「僕」の一語が目をひく。大人の俳句には見られないもの。僕という少年の顔が大きく浮かび上がってくるようでカニと僕と冬とが鮮やかに結びついているようである。

 高校生大賞の安川君の作品は冬の朝焼けの中を船名の旗をなびかせて漁船が帰港した様子を詠んだもの。港は活気づきカニの大漁を感じさせ明るく勢いのある句となっている。古典的句型を迷いなく自分のものにしている。

 一般の部の平野さんの作品は粉雪の路傍でゆで上がったカニ、その親指や足を素手で折っては食っている光景が越前ガニと言われるゆえんを真っ向から詠んでいる。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)