トップページニュース > ポストこしひかり命名「いちほまれ」 福井の新ブランド米 東京で発表会

ポストこしひかり命名「いちほまれ」 福井の新ブランド米 東京で発表会

2017年04月20日

  2018年から本格生産・販売する福井県の新ブランド米ポストこしひかりの名称が19日、「いちほまれ」に決まった。ふくいブランド米推進協議会(会長=西川一誠・福井県知事)が東京都内のホテルで発表会を開き、流通先としてにらむ首都圏のコメ卸業者や米穀店主らにお披露目した。8月をめどにロゴマークや米袋のデザインを決めるなど、今秋の試験販売に向けた準備を加速させる。

 いちほまれは消費者に「日本一おいしい、誉れ高きコメ」であることを端的に伝える「言葉」として名称に決めた。61年前にコシヒカリを生んだ福井県のプライドと、県農業試験場がこれまで蓄えてきた技術や知見の全てを投入した自負も込められている。

 名称は、昨年12月20日から今年1月末まで全国公募。海外も含め寄せられた10万7652件の中から、ポストこしひかりブランド化戦略会議の委員長を務めた服部幸應氏(料理評論家)や、芥川賞作家・津村節子さんら福井県ゆかりの有識者の意見を踏まえ、福井市の50代男性の作品を採用した。福井県庁でも同時発表された。

 西川知事と同協議会副会長の田波俊明・JA県5連会長、服部氏らが、名称が書かれた高さ約1・8メートル、幅約60センチのパネルを除幕。西川知事は「消費者に広く親しまれ、愛される日本一、世界一のコメに育て上げたい」と意気込みを語った。

 いちほまれは、県農業試験場が作付面積日本一のコシヒカリを超える品種を目指し、2011年度から6年をかけて開発。ご飯は「絹のような白さと艶」があり、口に含むと「優しい甘さ」が広がり、「粒感と粘りの最高の調和」が楽しめるのが特長という。

 発表会には首都圏のコメ卸業者、米穀店主、料理人、雑誌編集者、量販店や在京のマスコミ関係者ら約120人が出席。試食会も行い、炊きたてのご飯やお粥(かゆ)、炊き込みご飯、ちらしずしなどとともに、焼きサバ、塩うに、梅干し、おぼろ昆布といった福井の味覚を振る舞った。

 

 


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)