トップページニュース > 人工飼育の幼生、相次ぎ脱皮 親ガニ育成 越前がにミュージアム 天然の生態 推定へ一歩

人工飼育の幼生、相次ぎ脱皮 親ガニ育成 越前がにミュージアム 天然の生態 推定へ一歩

2017年05月02日

越前がにミュージアム

 福井県越前町厨の越前がにミュージアムが、ふ化した越前がにの幼生を人工飼育した結果、脚などがカニ本来の姿を見せる稚ガニへと成長。1日から午後の1時間限定で公開を始めた。今後、国内で数少ない親ガニへの育成に挑む。

 ズワイガニの生態を研究するため1月から、同館研究室のビーカーで幼生約440匹を飼育。毎日新しい海水と交換し、えさのプランクトンも欠かさず与える地道な作業を進めたところ、4月7日以降に順次20匹が稚ガニへと脱皮した。


 甲羅幅3ミリの初々しい飴(あめ)色。うち15匹は5月1日現在も水槽の中ですくすくと育っている。2月、3月にふ化した幼生数百匹の飼育も進めていて、稚ガニはさらに増える見通し。

 順調に成長すれば夏―秋に次の脱皮を行い、甲羅幅4~5ミリに育つという。最終的に10年ほどかけてオスは計13回、メスは計11回の脱皮で成熟年齢に達する。

 同ミュージアムによると、ズワイガニの人工飼育では国や福井など各県の研究機関が稚ガニまでは成功しているが、その先の育成はあまり例がない。鳥取県水産試験場が4年2カ月飼育し産卵につなげたのが最長で、数少ない成果とみられる。

 日本海区水産研究所小浜庁舎の山本岳男主任研究員は「ズワイガニがどのような温度やえさを好むのか、(飼育過程で)天然での生態を推定できる意義ある取り組み」と指摘。同ミュージアムの大間憲之主任研究員は「困難な作業だが、親ガニまで育つよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 稚ガニの成長過程は連日公開する予定。午後2時から同3時まで。今月2日を除く火曜は休館。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)