トップページニュース > カニはなぜ冬の味覚なの?(越前がにQ&A)

カニはなぜ冬の味覚なの?(越前がにQ&A)

2011年06月08日

越前がにQ&A

 歴史的背景があると思われます。

 「越前がに」がすむ深い海域で操業できるようになったのは江戸時代の始めからです。越前の海は急深で、漁場が近いとはいえ、手こぎの船での航海には時間がかかります。ですから、保冷技術がない夏には鮮度維持に苦労したと思われます。特にカニは傷みが早いため、港に戻ったころには食用になりづらかったことでしょう。

 産卵期は冬ですから、雌ガニは卵巣の発達した冬のほうに値打ちがあります。また、脱皮の時期は夏から秋ですから、その時期のカニには良いカニが少ないのです。

 今でも底びき網漁業は、7月と8月は休業しています。

(情報提供:越前がにミュージアム)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)