トップページニュース > 雌ガニの産卵期はいつ?(越前がにQ&A)

雌ガニの産卵期はいつ?(越前がにQ&A)

2011年04月15日

越前がにQ&A

 日本海では夏と冬の2回あります。

 雌ガニは夏の6月から8月にかけて、生涯最後の脱皮を行います。そのとき、雌ガニの卵巣は成熟していて、脱皮直後に交尾し、初めて産卵(初産卵)を行います。この卵は1年半後の冬、2月にふ化し、1週間以内に再び交尾をし、産卵します。この産卵を経産卵といいます。この卵は1年後にふ化し、その後に交尾し、産卵します。したがって、産卵期は年2回ありますが、ふ化期は年1回しかありません。

 産卵の周期

 6~8月
  10回目の脱皮(最終脱皮)
  交尾
  産卵(初産卵)
 翌々年2月
  ふ化(抱卵期間は1年半)
  交尾
  産卵(経産卵)
 翌年2月
  ふ化(抱卵期間は1年)
  交尾
  産卵(経産卵)
 ※以降は1年ごとの繰り返し  

(情報提供:越前がにミュージアム)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)