トップページニュースイベント > 珍客紅白ズワイガニの公開始まる 坂井・越前松島水族館

珍客紅白ズワイガニの公開始まる 坂井・越前松島水族館

2010年02月12日

イベント

通常のズワイガニと一緒に展示水槽で元気な姿を見せる紅白まだら模様のズワイガニ(右)=11日、坂井市三国町の越前松島水族館 体の色が通常の赤茶色ではなく紅白の“おめでたい”ズワイガニが、越前岬沖で捕獲され、福井県坂井市三国町の越前松島水族館で11日から一般公開が始まった。

 普通のカニのように、甲羅にカニヒルの黒っぽい卵が付着しているが、体全体は珍しい紅白のまだら模様。体重約500グラムと小ぶりだが両足を広げると50センチほどの大きさ。遺伝子の突然変異などが原因で部分白化(色素異常)したとみられる。

 越前町の底引き網漁船、第18緑丸が1月18日に越前岬沖5キロの海底約260メートルから水揚げした。同町梅浦の漁師、宮地俊也さんが水槽に保管していたが、23日に同水族館が譲り受けた。

 同館では3週間ほど様子を見てきたが、通常のズワイガニ、セイコガニと一緒の水槽でも争うことなく元気で、捕獲時と色も変わらず紅白模様が続いているため、この日から来館者に披露した。

 飼育員の笹井清二さん(38)は「一昨年の11月に全身白一色というのが見つかっているが、紅白のは初めて見た。今のところ元気なので今後、脱皮を繰り返し成長していく過程で、どう色が変化していくのか見ていきたい」と話している。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

みくに隠居処

みくに隠居処

名物カニ料理「宝楽蒸し・蟹味噌しゃぶ・塩釜焼き」をはじめ、創作カニ料理を提供する越前がにの本場「三国」の名店。1日3組限定のお宿も併設!

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)