トップページニュース > 甘エビ包装 プラから紙に 五島水産(福井県坂井市)ふるさと納税返礼品 SDGs推進 ごみ750キロ削減

甘エビ包装 プラから紙に 五島水産(福井県坂井市)ふるさと納税返礼品 SDGs推進 ごみ750キロ削減

2022年06月03日

その他

SDGs推進へ紙パッケージに変更したふるさと納税返礼品の冷凍甘エビ=福井県坂井市三国町の五島水産作業場 福井県坂井市ふるさと納税の返礼品で「船内瞬間冷凍甘えび」を提供し、4年連続人気ランキング1位の五島水産(同市三国町滝谷)がSDGs(国連の持続可能な開発目標)推進に向け、これまでの発泡スチロールを紙のパッケージに変更し、全国発送を始めた。年間約750キロのプラスチックごみ削減を見込む。

 冷凍甘エビは2017年4月以降、ふるさと納税を通じて全国に約5万3千件発送している人気商品。

 同社は水揚げした甘エビを船内で冷凍保存し、新鮮な状態を保って届けている。厚みが約1.5センチの発泡スチロールはマイナス50度以下に完全冷凍するまで1時間半程度を要したが、紙の容器は30~40分にスピードアップ。これまで以上に甘エビの細胞膜が壊れにくくなり、歯ごたえのある食感に加え、甘み成分を閉じ込めることができるという。

 1年間の試行錯誤を経て耐久性を持たせた紙容器は、発泡スチロールの大きさの約半分(縦12.7センチ、横16センチ、高さ55センチ)と手のひらに収まるサイズとなり、輸送コストを低減。1度の漁で水揚げできる量もこれまでの最大4トンから6トンまで可能になり、船の燃料代の削減、余裕を持った在庫管理につながるという。

 内容量は約550グラム(40匹前後)と変更はない。家庭用冷蔵庫での専有スペースがコンパクトになり、寄付者のニーズにも応えた。

 魚介類の運搬は40年前までは木箱が使われていたが、それ以降は発泡スチロールとなり現在も主流。プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題となっており、紙容器への変更について五島精一社長(73)は「海を汚してはいけないとの思いが一番で、微少なマイクロプラスチックとなるような材料を使いたくない。水産業界で普及する足がかりになれば」と話している。

 市内返礼品事業者のSDGsへの取り組みは広がっており、市はふるさと納税のポータルサイトで情報を発信していく。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

みくに隠居処

みくに隠居処

芸能人・有名人が多数来店!三国を代表する名店「みくに隠居処」が味・見た目・バリエーションにこだわった蟹ランチをご提供。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。