トップページニュース重油事故 > 越前町の”カニ復興”アピール、重油事故 漁協が神戸でキャンペーンへ

越前町の”カニ復興”アピール、重油事故 漁協が神戸でキャンペーンへ

1997年01月28日

重油事故

 重油回収に出ていて亡くなった漁師の追悼と、落ち込みを見せている越前ガニの需要回復のため、福井県越前町漁協が県外でのカニ無料配布キャンペーンを計画している。二十七日は、キャンペーン用のカニを捕るため底引き網漁船など七十隻あまりが出港した。二十九日には組合員自らが神戸に出向き、JR三ノ宮駅構内でPRをすることが決まっているほか、名古屋方面での開催準備も進めている。

 同町漁協では、タンカー重油汚染事故による海上での重油回収のため、なぎの日でも漁に出られない日が続いていた。十六日の試験操業後、規模を縮小して漁を行っていたが、二十日のセリではカニが例年の半値以下しか付かず、需要の落ち込みが深刻な事態になっていた。

 また、二十一日には重油回収に出ていた組合員の北瀬一宝さん(69)が亡くなり、組合員にとって悲しい出来事が続いていた。

 北瀬さんの通夜で集まった組合員から「このままカニや魚の需要が落ち込んでいっては、漁にも出られずに亡くなった北瀬さんに申し訳ない。漁業者から越前町を盛り上げていこう」という話になり、追悼とカニ復興を合わせてキャンペーンを行うことにした。

 キャンペーンの場所は、阪神大震災から復興の道を進んでいる神戸に倣おうと、JR三ノ宮駅構内で二十九日午後二―四時に行うことが決まった。このほかJR神戸駅か、越前海岸を訪れる観光客が多い名古屋でも開けるよう、現在準備を進めている。カニやエビ、カレイを持っていく予定。

 北瀬さんの長男、登さん(45)=漁業=は「カニなど漁業の落ち込みは父も心配していたと思う。越前町の今の暗いムードを終わらせるためにも、われわれ漁業者からカニや魚をアピールしていきたい」と話している。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)