トップページニュース2012年1月 > 「むちゃくちゃ仲良し」3人組 水仙娘、まつり盛り上げ

「むちゃくちゃ仲良し」3人組 水仙娘、まつり盛り上げ

2012年01月19日

イベント

水仙まつり来場者に越前水仙を配る(右から)竹内さん、埴さん、宮本さん=14日、越前町の越前岬水仙ランド 14日に福井県越前町で開幕した第37回水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)で、水仙とともにまつりに彩りを添えるのがキャンペーンレディーの水仙娘たち。今年は同町の宮本夏姫さん(20)、福井市の竹内あいさん(22)、鯖江市の埴(はに)美紗子さん(24)が務める。3人は昨年10月に水仙娘に選ばれて知り合ったばかりだが「むちゃくちゃ仲良し」(宮本さん)。これまでの研修やPR活動を通して築いたチームワークで、まつりの盛り上げに一役買う。

 「まさか自分が選ばれるとは」-。そんな思いから始まった水仙娘としての活動。越前海岸の魅力やもてなしのマナーを学ぶ講習会、県内外でのPRなど、まつりを成功させようとひた向きに頑張ってきた。次第に「私たちが越前海岸や水仙まつりのPRを任されているんだ」(竹内さん)という責任感も芽生えてきた。

 14日のまつり初日。3人は「これまでのPR活動の成果が出る。たくさんの人が来てくれるだろうか…」という緊張の中で迎えた。時々雪がちらつく寒い天候だったが、水仙の無料配布には開始前から多くの人が列をつくった。竹内さんは「並んでまで水仙をもらってくれて感動した」と笑顔をはじけさせた。

 代々受け継がれているかすりの着物は薄手で、この季節にはつらい一面もある。それでも埴さんは「また来年も行こうと思ってもらえるイベントになるよう、寒さに負けず頑張りたい」。笑顔が自慢の3人は、最後まで元気に来場者をもてなす。(岩崎大樹)

×  ×  ×

 越前町や南越前町などを舞台にした「第37回水仙まつり」は29日まで開かれる。日本海の風雪に耐えながら、凜(りん)として咲く越前水仙の魅力を発信しようと活動している人たちを紹介する。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)