トップページニュースルポ > 越前がに解禁立派なズワイ次々 本紙カメラマンルポ

越前がに解禁立派なズワイ次々 本紙カメラマンルポ

2009年11月07日

ルポ

【天敵退治】網にかかった大型クラゲを取り除く漁師たち=6日午前9時10分ごろ、越前町沖合  6日解禁となった越前がに漁。日本海側だけでなく、太平洋側でも大型クラゲ(エチゼンクラゲ)が大量漂着している状況で、漁師たちはいつもと変わらぬ漁を行えるのか―。福井県越前町高佐漁港の小型底引き網船「高砂丸」(19トン)に同行取材した。

 高砂丸は高矢孝祐船長(50)=同町高佐=と3人の漁師を乗せ、5日午後10時半ごろに同漁港を出発、漁場へと向かった。高矢船長は「天気はここ何年かの漁で一番いい」という。高さ1メートルに満たない穏やかな波も豊漁を期待させた。

 と、思ったのもつかの間。激しい船酔いと嘔(おう)吐(と)に襲われ、伏せたまま3時間、全く動けなくなった。「船酔いするもんが来てどうするがや」と、笑う漁師の姿も見られぬまま時間だけが過ぎた。正気を取り戻したときには6日午前0時の解禁時間はとっくに過ぎて、既に2回目の網が入れられた後だった。

 水面に浮かび上がってくる網には、心配した大型クラゲの群れがあった。だが高砂丸は、水揚げ前にひもを引くとクラゲだけが海に流される独自の仕掛けを網に施してあった。大半のクラゲが網の外に出され海中に消えていった。クラゲがまだ小さいため、県が勧める改良網は用いていないという。

 引き上げた網の中に大型クラゲは数えるほどしかなく、雄のズワイガニ、雌のセイコガニも甲板で威勢良くピンピンと動いていた。初漁で計6回網を入れ、ズワイ約40匹、セイコ約1千匹を取った。成果は昨年の初漁の3分の1ほどだったが、高矢船長は「ただの漁場の選択ミス」と話し、大型クラゲが漁に影響していないことを強調した。

 帰港したのは午後1時ごろ。漁師たちはカニを陸に揚げると、間髪入れずにまた次の漁へと出て行った。「漁は今日だけやないから」と、明るく話す高矢船長。船酔いが残るうつろな状態のまま、たくましい後ろ姿に「次こそ豊漁を」と願った。

【冬の味覚の王者】水揚げされた立派な雄のズワイガニ=6日午前4時50分ごろ

【夜明け前】周囲の海がうっすらと明るくなる中、次の網の仕掛けを準備をする漁師=6日午前6時5分ごろ


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)