トップページニュースルポ > 荒海から王者次々越前がに漁解禁 大型クラゲ姿なし

荒海から王者次々越前がに漁解禁 大型クラゲ姿なし

2008年11月08日

ルポ

朝日を浴びながら次の水揚げの準備を整える=6日午前6時50分、越前町沖  六日に解禁された越前がに漁。解禁初日に本紙写真映像部の高橋良典カメラマンが福井県越前町の漁船に同行取材した。燃料高騰で厳しい状況に置かれてきた漁業者が、待ちに待ったカニ漁シーズン。漁師たちは荒れる海で、冬の味覚の王者ズワイガニを次々と引き上げていった。

 五日午後十時半ごろ、大樟漁港沖から漁船が合図とともに一斉に出漁。乗船した小型底引き網船「第二十三倖周丸」(一四トン)は、冬の海にしては波穏やかで、暖かい風も吹く中を漁場へ向かった。

 午後十一時半ごろ最初の漁場に到着するとすぐに網を海に投げ入れた。六日午前零時とともに網上げを開始。越前がに漁の解禁だ。

 初回の網にはカニの姿はまばら。中野良一船長(46)は「いやー今回はカニが少ないのー。漁場をちょっと間違えるとこんなもんや」と、次の漁場へ船を向ける。

 海は一転して大荒れ。航行中に何度も「ドーン」と波がぶつかり衝撃が走る。船が左右に揺さぶられ、立っているのも困難な状態だ。

 そんな中でも漁師たちは平然と船のへりを歩き回る。網を入れて約一時間後、引き上げた網には待望の雄のズワイや雌のセイコの姿があった。今年は”天敵”の大型クラゲ(エチゼンクラゲ)の姿は一匹もない。「去年は良かった。今年も豊漁になれば」と願っていた。 昼すぎに帰港しカニを陸揚げすると、早々に港を後にして次の漁へと出て行った。

引き上げた網から甲板に下ろされる越前がに=6日午前11時

とれたばかりのズワイガニを漁船の水槽に入れる漁師=6日午前1時35分


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)