トップページニュース > セイコガニ8杯丸ごと「開高丼」 旅館こばせ(福井県越前町) 

セイコガニ8杯丸ごと「開高丼」 旅館こばせ(福井県越前町) 

2011年12月16日

宿

セイコガニ8杯が盛られた開高丼と長谷さん=福井県越前町梅浦のこばせ 熱々のコシヒカリ2合の上に、セイコガニ8杯の内子、外子、足の身を載せる。直径約25センチの丼鉢は山盛りだ。作家の開高健はこれをぺろりと平らげたという。

 ベトナム戦争取材後の1965年12月、開高は雑誌編集者の紹介で、旅館「こばせ」を訪れた。同旅館の長谷政志さん(79)は「カニが食べたい。注文はそれだけだった」と振り返る。座布団ほどの大きな九谷焼の皿に、ゆでたズワイ3杯、セイコ7杯を並べた。開高は日本酒片手に完食した。大食漢だった。

 翌日の夜は焼きガニ、カニ刺しなどのフルコース。次は何にしようか、はたと困った長谷さんは、ご飯の上にセイコの身を載せた丼を出してみた。味付けはカニのだし汁を混ぜたしょうゆのみ。開高はにこにこしながら、幸せそうに平らげた。このときの様子を開高は「決定的で完璧な瞬間。しかもその瞬間が、ああ、切れめなしに、いつまでもつづくのである」と書いている。89年に亡くなるまで、訪れるたびにこの丼を食した。

 開高は長谷さんに、米兵がベトナムの子どもを銃殺した出来事を、悲しみにゆがんだ表情で漏らした。海岸べりのスイセン畑に立ち、光が差し込む海に向かって「おー日本、ここにあり」と、万歳をしながら大声で叫んだこともあったという。多くの死を目にしながら、戦時下のベトナムを生き抜いた開高にとって、漁師町旅館の素朴な料理は、平和と安らぎの象徴だったのかもしれない。

× × ×

 開高丼(2~4人前)は1万1000円。ハーフサイズは6600円で、要予約。ランチタイムは午前11時半~午後2時(チェックアウト)。ランチは12月29日~1月3日まで休み。開高丼の期間は1月中旬まで。越前町梅浦58―8。電話0778(37)0018。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)