トップページニュース > 越前がに、コウノトリ研究させて 県立大予算、県民が審査

越前がに、コウノトリ研究させて 県立大予算、県民が審査

2011年06月12日

研究

研究採択に向けた福井県立大教員のプレゼンテーションを県民が審査した地域貢献研究推進委員会=11日、永平寺町の同大福井キャンパス 福井県立大教員の新規研究費の申請について県民が審査する「地域貢献研究推進委員会」が11日、永平寺町の同大福井キャンパスで開かれた。教員たちは研究採択を目指し、越前がにやコウノトリなど本県ならではのテーマに絞った研究を懸命にアピールした。主婦や会社員ら委員が、研究の意義などについて厳しい目で審査した。

地域振興に役立つ研究かどうかを県民に評価してもらおうと、2004年度から毎年行っている。本年度の新規研究の予算枠は約1800万円。一方、申請は経済、生物、海洋生物分野などで20件計3500万円に上った。

審査する委員は公募などで選ばれた会社員や農家、主婦、環境団体代表ら10人。▽地域に役立つ研究か▽具体的な成果が早期に期待できるか-などの4項目でチェックした。

1件のプレゼンテーション時間は15分。教授や准教授、講師たちはスライドを使って研究意義や内容、将来見込める効果などを積極的に訴えていた。

コウノトリの放鳥に向けた餌場整備に関する研究では、講師が越前市白山地区の休耕田を生かし、餌となるドジョウの養殖システムを提案。「餌場環境を充実させ、コウノトリの定着を目指したい」と熱く訴えた。

このほか、越前がにの殻にある成分を利用して養殖の若狭フグの免疫力を強める研究や、県産大麦の増収を目指した栽培方法の確立など、地域発展を意識したものが次々に発表された。

委員からは「海外調査は必要か」といったコスト面に対する厳しい指摘や、見込まれる効果について鋭く切り込む質問が相次いでいた。

審査結果を踏まえ、7月中にも西川知事が対象研究と交付額を決定する。採択された研究は、年度末に開かれる同委員会で、進み具合や成果についての評価を受ける。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)