トップページニュース2011年5月 > 145年前の海難語り継ぐ供養祭 区民・遺族が調査、越前町

145年前の海難語り継ぐ供養祭 区民・遺族が調査、越前町

2011年05月16日

 1866年に福井県越前町米ノの漁師43人が漁の最中に水死した事故を語り継ごうと、事故から145年目を迎えた15日、遺族や区民約50人が、共同墓がある米ノ墓地公園で供養祭を営んだ。風化しつつある事故や亡くなった漁師の法名などを、区民有志が丹念に調べ供養祭を“復活”させた。新たに石碑が建てられた墓地で参列者は過去の惨状を振り返り、海に対する用心を再度胸に刻んだ。

 1866年5月14日夕、丹後沖でのサバ漁に向け16隻の手こぎ舟が米ノ(当時米ノ浦)を出発した。翌15日の朝に海が急に荒れ、8隻が海に沈んで漁師43人が亡くなったとされる。旧越前町の町史にはこの歴史や一部漁師たちの法名が記されていたが、年月を経るうちに遺族や区民の記憶から消えかかっていた。

 前区長の中橋鍈治さん(73)が同墓地公園に建つ共同墓に気をとめ、昨年春から亡くなった43人を檀家(だんか)に持つ区内外の4カ寺を区民有志とともに訪ね始めた。過去帳に残る屋号などを基に調べ、今年1月には全員の法名を初めて明らかにした。12歳の少年が亡くなっていたことも分かった。

 調査では遺族の家を1軒1軒訪問したが、半数以上で言い伝えが途絶えていた。供養も、共同墓が建立された当時は行われていたと考えられるが、現在では区民の関心は薄れていたという。

 供養祭に伴い共同墓の土台を整備。全員の法名や事故当日の様子を刻んだ石碑が遺族の浄財で建てられ、除幕された。中橋治典(みちのり)区長(63)は「尊い命を落とされたが、海に対する準備は怠るな、という貴重な戒めを後世の区民に残してくれた。末永く語り継いでいかなければならない」とあいさつした。4カ寺の住職が読経を行い、先人の無念さに涙ぐむ参列者も見られた。

事故当時に建立された共同墓(中央)と、43人の法名を刻んだ新たな石碑(左)の前で営まれた供養祭=15日、福井県越前町米ノ


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)