トップページニュース > 愛知出身の漁師奮闘中、越前町 蔵元さん「将来は船頭に」

愛知出身の漁師奮闘中、越前町 蔵元さん「将来は船頭に」

2009年11月06日

漁師になって8年が過ぎた蔵元さん。夢は「いつか自分の船を持ちたい」=越前町高佐の高佐港 福井県越前町高佐で、愛知県常滑市出身の蔵元慎也さん(31)が、漁師を始めて8年が過ぎた。区内では、県外出身者が漁師になり土地に残るのは初めて。結婚して、今年は区壮年会にも入るなど地域行事にも積極的に参加、地元に根付き始めている。

 漁師になる前、東京や奈良で土木建築や工場関係に勤めていたが、違うことに挑戦しようと転職を決意。趣味が釣りだったこともあり、雑誌の漁師の募集記事がきっかけで、同区の高矢孝佑さん(50)の「高砂(たかさご)丸」で仕事を始めることになった。

 仕事は過酷だった。船はイカやアカガレイなど捕る魚介類に合わせて、近くは沖合約12キロ、遠くは約50キロ付近の京都沖まで行く。船上で2泊する日もある。水揚げ量が多いと休む暇もない。それでも「網を上げる瞬間はドキドキして、ギャンブルのような感じ」。魚を見ると心が躍り、船上で食べる新鮮な魚の味も格別だという。

 高矢さんは、蔵元さんの人柄について「素直で真っすぐ。仕事も熱心で、よく気が利く。若いわりには、しっかりしている。周囲もかわいがるし、すぐなじんでいた」と語る。

 蔵元さんはもともと同区に住んでいたが、結婚した5年前に、近くの茂原区に住まいを移した。ただ、区民との交流は続き、今年は壮年会「高佐睦(むつみ)会」に誘われ入会した。「親しみやすくて、いい人ばかり。みんなともっと仲良くなりたいし、また高佐で生活したいと考えている。動機は安易だったけど、ここに来てよかった」と話す。

 6日に解禁される越前がに漁でこれから忙しくなる。蔵元さんは「カニ漁は一年で一番の稼ぎ時。仕事というより戦い。将来、船頭になれるよう頑張りたいですね」と笑顔を見せた。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)