トップページニュース > 6日解禁の越前がに漁「影響少ない」 大型クラゲ対策会議

6日解禁の越前がに漁「影響少ない」 大型クラゲ対策会議

2009年10月31日

 第2回県大型クラゲ(エチゼンクラゲ)対策連絡会議が30日、福井市の福井県水産会館で開かれた。今年は大量のクラゲが発生しており、県内26カ所で行われている大型定置網漁のうち8カ所が既に今期の漁を打ち切って休漁していることが報告された。6日解禁の越前がに漁について県は「網にクラゲが入ることはあるだろうが、改良網が普及しているので影響は少ないだろう」との見通しを示した。

 県によると、9月上旬は嶺北の一部の定置網で1日1千匹以上が確認され、10月以降は県全域の各定置網で1千匹以上、一部では1~2万匹以上が確認され増加傾向にあるという。

 クラゲの影響などで漁獲量が低下したため、30日現在で嶺北で5カ所、嶺南で3カ所の大型定置網漁が漁を打ち切っていることが報告された。このほかに打ち切りを検討しているところもあるという。

 越前がに漁への影響については、県水産試験場が漁場の4地点(水深215~258メートル)をビデオカメラで観察した結果、1千平方メートル当たり1・11匹で、観察地点は違うものの、大量発生した06年の0・89匹を上回るという。同試験場は「網にクラゲが入る混獲が少なからずあると考えられる」としているが、カニ漁をする県内の沖合底引き船と小型底引き船合わせて80隻は、既にクラゲが網の外へ抜ける改良網を装備しているため、大きな被害は出ないと予想している。出席した県内の漁協関係者からの「今後予想される出現状況は」という質問に県は「九州の沖合では現在でも1日数百個が確認されており、本県沖でのクラゲの出現はしばらく続くのではないか」と話していた。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)