トップページニュース2009年2月 > 畑の肥料に越前がにの殻を活用 育った野菜は旅館へ、坂井

畑の肥料に越前がにの殻を活用 育った野菜は旅館へ、坂井

2009年02月13日

カニ殻

カニ殻で肥料作りに励む農家=坂井市三国町嵩  越前がにシーズンまっただ中、旅館などから大量に廃棄されるカニ殻や甲羅を畑の肥料にする取り組みを、福井県坂井市三国町の農家が始めた。その肥料で育った野菜などを、次は旅館側に使ってもらう、という消費と生産の地域循環を目指し日々、汗を流している。

肥料作りに取り組んでいるのは農家の袖亮二さん(61)、林治己さん(51)ら同町嵩の農家グループ。昨年十二月、カニシーズンを迎え、大量に捨てられるカニ殻の活用法がないかと、町内の宿泊施設から相談を受けた。

もともと有機肥料に興味があったという袖さんらは、カニ殻には肥料の三大要素である窒素、リン酸、カリが十分含まれていることもあり、畑の肥料作りに乗り出した。

ほぼ毎日、休暇村越前三国に足を運び、分別しておいてもらった殻や甲羅を引き取り、ビニールハウスで乾燥させている。乾いた殻は細かく砕き、春には肥料としてそのまま畑などにまくか、発酵させて使用するという。

また林さんらは、その後の展開も模索。その肥料でできた野菜や米を、今度は旅館側に使ってもらい、地域として”有機的な循環”を目指している。行政と連携する話も出ているという。

林さんらは「地元でとれたものを有効活用して循環させていくこと、これこそエコではないか。時間は掛かるだろうけど、長いスパンで取り組んでいきたい」と話している。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)