トップページニュース > ズワイガニなら黄色いタグ付きの越前がにに限る・・・

ズワイガニなら黄色いタグ付きの越前がにに限る・・・

2011年12月03日

ズワイガニなら黄色いタグ付きの越前がにに限る、と思いきや先日、家人が1パイ380円のセイコを買ってきた。釜揚げしたてで塩加減もまずまず、うまかった▼ラベルには「鳥取」とあり、松葉がにと知った。鳥取県はカニの漁獲量で本県を上回る。総務省の家計調査によれば、1世帯当たりのカニの購入量、金額ともに鳥取市がトップ▼福井市の購入量、金額は4位と3位。察するところ、鳥取のカニは値段が安く、食卓に上るケースが多いようだ。高くても売れる越前がにはブランド力に勝るといえようが、何となく複雑だ▼そういえば今年初めに富山・氷見産ブリに本県産が使われ、偽装事件として摘発されたことを思い出す。そのブランド品が最近、「ひみ寒ぶり」の名称で商標登録されたそうだ▼本県のブリもれっきとした寒ブリであり、偽装とはいえ本場でも通用する味だったはずだ。ならばここは「若狭ぶり」「越前ぶり」といった名称を付すのも一考だろう▼ところで、越前がにとともに揚がる魚に「ミズベコ」がある。深海魚然とし、魚体を覆うゼラチンが苦手の人も多い。私事ながら、行商の「ぼてさん」がいたころからの好物だ▼数匹で200円内とお買い得。煮たときの出汁(だし)がいい。「たのしみは門売りありく魚(うを)買ひて烹(に)る鐺(なべ)の香を鼻に嗅(か)ぐ時」と詠んだ橘曙覧の境地が分かる。美味(おい)しい冬だ。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)