トップページニュース > 本当の「越前がに」とは BAYわかさ、今攸

本当の「越前がに」とは BAYわかさ、今攸

1996年05月31日

 「越前がに」の漁は五百トンを超えるという二十三年ぶりの好成績を残して三月に終了しました。皆さんは、そのおいしさを楽しまれましたか。

 福井県内の漁業者は「越前がに」という名称は福井県沖で捕獲されたカニにのみ使用しようとする人が多いようです。その理由は大量に入荷する県外や国外のカニと区別し、「越前がに」と名が付けば、県内産のカニであること、つまり本当においしいカニであることを消費者に保証しようとする考えからです。

 石川県以西の日本海での漁獲量は二千トンですが、オホーツク海での漁獲量はそれを上回るほぼ三千トンで、その多くが生で県内にも入荷し、浜でゆでられています。ですから、県内産か、県外産かは売り手しか分からないのです。一部の店では両者を良心的に区別し、一部の店ではともに「越前がに」となるのです。

 味に鋭い漁業者は「県外産のカニは数日間の絶食の旅の間に肉質を落とし、それが味の低下につながっている」と言いますが、私の舌ではとても区別ができません。

 県内に入ってくる輸入品の量は分かりませんが、日本の輸入量は生産量の十数倍に当たる七万トンで、その相当量がカニの本場である北陸、山陰地方で消費されているとみられます。アメリカとカナダからは胸と足だけにされ、凍結されていますから県内産とは明確に区別できます。

 しかし、一部は姿のまま、しかも生で凍結されたカニもあり、解凍されてしまえば、素人目には区別できないでしょう。さらに、輸入されたカニの中にはオオズワイガニという別の種も含まれています。最近になって、このオオズワイガニが北海道の太平洋でも漁獲されるようになり、県内でも売られるようになりました。

 皆さんが食べたカニは本当の「越前がに」でしたか。

 今攸(こん・とおし) 北海道生まれ。県水産試験場長。県水産課参事を経て平成2年から同場長。敦賀市平和町。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)