トップページニュース > 越前がに漁獲金額、50年で最高 漁期短縮で豊漁も価格下がらず

越前がに漁獲金額、50年で最高 漁期短縮で豊漁も価格下がらず

2014年04月03日

漁解禁日に次々と水揚げされる越前がに。ズワイが好調だったことなどから漁獲金額は、過去50年で最高となった=2013年11月6日、福井県越前町の越前漁港 3月20日で終了した2013年シーズンの越前がに漁は漁獲金額が18億6624万円となり、過去50年間で最高を記録したことが県底曳網漁業協会の漁獲実績まとめ(速報)で明らかになった。雄のズワイが豊漁の割に価格が下がらなかった上に、雌のセイコは資源回復の取り組みとして漁期が短縮された影響で単価がつり上がり、前シーズン並みの金額を確保できたため。燃料、資材高にあえぐ漁師への恩恵は大きかったが、家庭の食卓にとっては、さらに“高値の花”となった。

まとめによると、ズワイの漁獲量は264・4トンで前期比15・4%増。41年ぶりに260トンを超えを達成した。金額は14億1561万円で、同17・5%増だった。1キロ当たりでは同1・8%増の5354円。特に12月は「出漁できる日と荒天が数日周期で訪れ、値崩れしなかった」(同協会担当者)ため、月平均単価は7155円まで上昇した。

豊漁にもかかわらず、単価が落ちなかったことについて別の漁業関係者は「日本海西部海域全体では、漁獲量が少なかったことも影響したのではないか」と分析している。

セイコは119・4トンで、同30・4%の大幅減。漁期を10日間短縮したことが響いた。半面、品薄感から漁獲金額は、1キロ当たり平均で2986円と同42・0%の大幅増。総額では3億5642万円の同1・2%減と、ほぼ横ばいで終わった。一方、脱皮間もない雄のズボガニ(水ガニ)は、漁期を21日間短縮したことなどから漁獲量が同54・9%減の76・5トン、漁獲金額が同29・4%減の9421万円と、ともに大幅減となった。

越前がにの漁獲金額は88年に初めて10億円を突破。これまでの最高金額は95年の18億2243万円だった。漁獲量は64年に1091トンだったものが急減し、79年には210トンにまで落ち込んだ。その後資源回復の取り組みもあり、ここ20年は500トン前後で推移している。漁期短縮などの取り組みは、当面続くことから同協会担当者は「来シーズンも全体的に、高値で推移するのではないか」とみている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)