トップページニュース > ズボガニ単価1.5倍超「高級品」に 漁期短縮「庶民の味」遠く

ズボガニ単価1.5倍超「高級品」に 漁期短縮「庶民の味」遠く

2014年04月03日

 2013年シーズンの越前がに漁が過去最高の漁獲金額を記録した中で、ズボガニ(水ガニ)については漁獲量、金額ともに大幅に落ち込んだ。漁期が21日間も短くなったことが主因。一方で単価は前期比1・5倍超に跳ね上がった。石川県では今期、漁業者が自県沖での漁を自主規制したこともあり、「福井の庶民の味」をめぐる情勢が一変したシーズンとなった。

県底曳網漁業協会のまとめでは、13年のズボガニの漁獲金額は1キロ当たり平均1231円で前年比56・6%増。山陰沖で漁が終わった後の3月は、1キロ当たり平均1307円にまでなった。「いつもは1パック千円前後だが、今シーズンは1500~1980円程度で売らざるを得なかった」と、福井市内のあるスーパーの鮮魚担当者は漏らす。

ズボガニをめぐっては、1年後に漁獲すればズワイガニとして価格が10倍になることや資源保護を目的に、石川県の漁業者が同県沖での漁自粛を決め、本県側にも協力を求めてきた。ただ要請が2月1日の漁期開始直前だったことから本県側は通常通り操業した。

漁業者同士のトラブルはなかったが、坂井市三国町の鮮魚店の担当者は「石川県側が自主規制するという話から品物がないのではないかと思っていた人もいた」と、販売への一部影響を指摘する。価格高騰もあり、「ズボガニの売れ行きはだいたい、いつもの半分だった」という。

石川県の漁業者は3月末、来期もズボガニ漁の自粛を継続する方針を決定。加賀沖での操業ルールなどについて4月中に、三国や加賀の漁業者同士で話し合いの場が持たれる予定だ。 (坂下享)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)