トップページニュース > 越前がに2杯「まつ田せいこ丼」 ふくい美味探訪福丼県編

越前がに2杯「まつ田せいこ丼」 ふくい美味探訪福丼県編

2014年11月20日

セイコガニ丸ごと2杯を使ったボリューム満点の丼=福井県福井市蒲生町の「魚屋の喰い処 まつ田」 福井県の越前漁港で水揚げされた越前がにを、丸ごと2杯詰め込んだ豪華な丼。越前海岸沿いにある「魚屋の喰い処 まつ田(た)」の店内からは、日本海の大パノラマを見ることができる。そんな“特等席”で、ボリューム満点の冬の味覚が楽しめる。

多いときで50食が出るという名付けて「まつ田(た)せいこ丼」。店長の枩田卓也さん(34)は「お客さんは本物を求めている。新鮮で本当に、おいしいものを食べてもらいたい」と力を込める。

使用するセイコガニの大きさは「中の上サイズ」(枩田店長)。内子、外子、脚のほぐし身が惜しげもなく、盛られている。

甘口のしょうゆを甲羅に注ぎ、薄皮も残さず混ぜて丼にかける。外子のぷちぷちとした食感と、みそや身の甘みが絶妙に絡み合う。丼目当ての中京、関西方面からのリピーターも多い。

カニのコース料理をはじめ、豊富な旬の魚介も評判だ。会員制交流サイト(SNS)での情報発信でファン拡大を図る一方、買い物に行けないお年寄りら向けの移動販売も行っている。

目と鼻の先にある定置網からフットワークよく、仕入れができるのも強み。枩田店長は「ここにしかないものは新鮮さ。お客さまの満足度アップを常に心掛けたい」と話す。「せいこ丼」は来年1月いっぱい提供できるという。

まつ田せいこ丼は3780円。営業時間は午前11時~午後4時で不定休。夜の宴会などは要予約。福井市蒲生町。電話0776(89)2740。

作家・開高健が愛したのは、セイコガニ8杯丸ごと「開高丼」


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)