トップページニュース2005年3月 > 越前町へ稚ガニの成長見に来て 越前がにミュージアム

越前町へ稚ガニの成長見に来て 越前がにミュージアム

2005年03月18日

越前がにミュージアム

越前ガニの幼生から稚ガニまでの成長を観賞できる水槽=越前町の越前がにミュージアム  カニをテーマにした福井県越前町厨の博物館「越前がにミュージアム」は今年から、館内でふ化した越前ガニの幼生を稚ガニにまで成長させる試みに挑戦している。成功すれば研究機関以外では初という。一般にも公開しており、同館では「成長の様子を見られるのは全国でもここだけ。ぜひ観賞しに来て」と呼び掛け、来館者増に期待を寄せている。

 同ミュージアムでは従来、水槽内でカニの卵がふ化しても、成長に適した水温に変更できないほか、幼生の餌となるプランクトンを培養する設備もなく、次の段階へ脱皮させることは不可能だった。

 今回、約二百万円かけ飼育設備を整備。縦二メートル、横一メートル、高さ一・五メートルで、水温調整もできる水槽を新たに設置した。水槽内に二十四個のビーカーを置き、一つのビーカーに、二月中旬にふ化した幼生「ゾエア」四十個を入れた。

 毎日、ビーカーの中の海水を替えながら、老廃物を除去し水質をきれいな状態に維持。餌は、ゾエアより小さなプランクトン「アルテミア」を、水槽横でふ化させ、与えている。ゾエアは約三カ月かけ、メガロッパ、稚ガニへと脱皮するため、うまくいけば五月には体長六、七ミリほどの稚ガニを見ることができる。

 現在、幼生は約三ミリでかなり小さいが、水槽の横には虫眼鏡を用意してある。

 稚ガニの飼育は小浜市の水産総合研究センター「小浜栽培漁業センター」が実績を残しているが、研究機関以外では初という。大間憲之館長は「水質の維持など難しい面もあるが何とか成功させたい」と話している。

 同ミュージアムは二〇〇〇年七月に開館。初年度は十二万五千人が来館したが、年々減少傾向にあり、〇三年度は四万七百七十一人、〇四年度は二月末までで三万三千四百五十六人となっている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)