トップページニュースカニ殻 > カニ殻材料にプラスチック作製 京大チームが成功

カニ殻材料にプラスチック作製 京大チームが成功

2011年11月22日

カニ殻

カニ殻から作製された柔らかい透明のプラスチック(矢野浩之京都大教授提供) カニやエビの殻を使い、柔らかい透明のプラスチックを作製することに、京都大のチームが成功し、21日発表した。テレビなど次世代有機ELディスプレーなどに応用が期待できるとしている。

 今回チームは、カニ殻のナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の極細の繊維構造に着目した。まず薬剤で炭酸カルシウムとタンパク質を除去した粉末のカニ殻を水に混ぜ、ろ過して厚さ100~200マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の白い紙のようなシートを作った。このシートに透明アクリル樹脂を浸透させると、樹脂が補強され、白いシートが透明になった。

 カニ殻の繊維は人工のナノ繊維よりも細く、太さが均一なためシートの透明度が上がるという。

 有機ELディスプレーや太陽電池の基板に使うには、熱で膨張して透明性が失われないようにする必要などがある。シートを改良すれば、現在使用されているガラス程度に熱膨張を抑えることができるという。エビ殻でも同じ成果が得られた。

 矢野浩之京大教授(生物材料学)は「カニ殻のような構造を人間の技術では作れない。生物資源を材料に取り込む必要がある」と話した。【共同】


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)