トップページニュースカニ殻 > カニ殻土壌のトマト好評 エコな芦原温泉発信

カニ殻土壌のトマト好評 エコな芦原温泉発信

2012年07月22日

カニ殻

循環型社会へ向けた福井県あわら市内の取り組みのコラージュ 福井県あわら市の芦原温泉で循環型社会への取り組みが活発化している。旅館から出たカニ殻などの生ごみを堆肥(たいひ)化し、市内の農家が野菜を栽培、旅館で提供する取り組みを行っている。環境に優しい観光都市をあわらの新たな魅力として創造、発信していくことで、誘客につなげていく考えだ。

■サイクル構築も検討

環境問題について考える「あわら市エコ市民会議」は昨年3月、同市の旅館「あわらの宿 八木」と生ごみ減量の協定を結んだ。同会議がリースした処理機1台を同旅館に設置。2011年度は野菜くずを中心に約968キロを機械に投入し堆肥化した。しかし、堆肥化する際の臭いや堆肥の活用法が決まっていないなど課題は多く、現在は同旅館だけの設置にとどまっている。

同会議では、臭いなど技術的な問題を解決した上で、取り組みを広げていくとしている。また、処理機で作った堆肥で野菜を育て旅館の食材として使うサイクルの構築も今後検討していくとしている。

■農家から手ほどき

同市観光協会のエコ推進・会員拡大委員会は、冬場の越前がにシーズンに各旅館から出る大量のカニ殻に注目。有効活用しごみ減量につなげようと昨年末に「あわら蟹(かに)がらプロジェクト」をスタートさせた。同委員会メンバーの旅館女将が呼び掛けたところ15軒の旅館が協力。先進地の坂井市三国町の生産農家の手ほどきを受けながら今年1、2月に回収し乾燥させた後、3月に粉砕し堆肥化した。

カニ殻に含まれる成分には土壌活性や病害虫予防の効果があるとされ、あわら市内の農家が土壌にすき込み野菜を栽培。今季は特に福井特産のミディトマト「越のルビー」栽培に力を入れた。

■女将も協力

同委員会は栽培した越のルビーを「かにからとまと」としてブランド化。贈答用に箱詰めし各旅館がお中元商品として使用した。送り先からの反応は上々で、「次はトマトを求めて芦原温泉に来ます」と話した人もいたという。

プロジェクトには芦原温泉旅館協同組合「女将の会」も協力。カニ殻の粉砕やトマトの苗付け、収穫作業などを手伝った。同委員会の鈴木奈緒子委員長は「女将たちが農作物生産の現場を肌で感じ、理解を深めることはとてもいいこと」と力を込める。旅館のお客さんに食材を安心して提供できることに加え、地元の食材を積極的にPRできるようになるからだ。

プロジェクトでは来季以降、越のルビー以外の野菜栽培や加工商品の開発、各旅館で統一した料理の提供を考えているという。また、旅館宿泊者が生産現場を見学するなどグリーンツーリズムにも取り組んでいくとしている。

同委員会も同会議も循環型社会を誘客に向けたツールとしてとらえているのは同じ。現在、個別に活動する両団体が連携すれば活動の規模は拡大していくはずだ。2014年度の北陸新幹線金沢開業とその後の県内延伸を見据えた首都圏からの誘客には他の温泉地域との差別化は必須。自然とのかかわりが薄い一方で環境への関心が高いとみられる首都圏の人々へアピールしていくには、芦原温泉全体で生むエコ商品やエコタウンは大きな武器になるに違いない。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)