トップページニュース検定 > ”坂井市通”へ75人検定挑戦 上位20人は「かに」難問も

”坂井市通”へ75人検定挑戦 上位20人は「かに」難問も

2011年01月31日

検定

坂井市大好き検定を受検する参加者=30日、坂井市のみくに文化未来館 福井県坂井市に関する知識を競うご当地検定「坂井市大好き・かに大好き検定」(福井新聞社後援)が30日、同市のみくに文化未来館で行われた。“初代坂井市通”の称号を目指し市民ら75人が市の歴史、産業、文化など知る人ぞ知る坂井の難問に挑んだ。

 旧4町の合併から5年目を迎え、坂井市をもっと知ってもらいたいと、同市春江町のまちおこし住民グループ「春江大好きプロジェクト」が初めて企画した。一昨年、旧春江町に限定した「春江大好き検定」を拡大、出題範囲を市全域に広げた。検定には坂井市をはじめ福井、あわら、大野市などから75人が参加した。

 坂井市大好き検定は、同プロジェクトが作成した教科書から、歴史、観光、交通、商工業、農漁業など幅広いジャンルの100問が3択形式で出題された。参加者は「越のルビーを命名したのは誰?」「龍ケ鼻ダムの高さは何メートル?」「春江町本堂観音堂の門は江戸時代には何に使われていたか?」「丸岡鉄道の廃線はいつ?」などの問題に頭をひねっていた。89点の最高点を出した吉村未佳子さん=坂井市三国町錦2丁目=にトロフィーが贈られた。

 この後、同検定の上位20人が「かに大好き検定」に進出。越前がにに関する難問に○×形式で解き、橋向秀也さん(33)=同市丸岡町川上=が初代かに検定王に輝き、特大ズワイガニが贈られた。

 参加した筬谷公則さん(56)=同市三国町神明2丁目=は「地元三国の問題はなんとか解けたが、丸岡や春江の問題は分からないことばかり。坂井市は広いとあらためて実感した。もっと勉強しなければ」と話していた。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)