トップページニュース研究 > 越前がにめぐる人々の挑戦を発表 福井で「希望学プロジェクト」の中間報告

越前がにめぐる人々の挑戦を発表 福井で「希望学プロジェクト」の中間報告

2011年07月24日

研究

福井県民150人が「希望」について考えた「希望学プロジェクト」福井調査の中間報告会=23日、福井市の県国際交流会館 希望と社会の相互関係を考察する「希望学プロジェクト」を進めている東京大と福井県は23日、県内で2009年度から行ってきた調査、研究の第1回中間報告を福井市の県国際交流会館で行った。

 地域資源や繊維産業など5調査班が、越前がにをめぐる人々の挑戦や企業経営者の夢、希望が従業員とどう共有されているかなどを発表。同窓会に対する意識調査を通して浮かび上がった福井の特徴など、多様な角度から希望について考えた。

 「希望学」は05年度、東京大社会科学研究所が研究を始めた新しい学問分野。06年度から岩手県釜石市で地域調査を行った。第2の調査地とした本県では、県民がどのような希望を抱いているかを12年度まで、同大を中心にした経済学や政治学、歴史学などの研究者約40人が多角的に調べる。

 「ふくいの希望を考えるフォーラム」と題した中間報告会には県民約150人が参加。基調講演で同研究所の玄田有史教授は「希望と幸福は違う。希望は変わっていくために必要なもの」と希望学の意義を語った。

 東洋大社会学部の西野淑美講師は、福井市内の5県立高校の同窓生約1700人を対象に行った意識調査の結果を分析。Uターンは30代前半までに起こるため、行政として福井へのUターンを働きかけるなら家族形成前の年代にすべきだとした。移動のきっかけが進学に一元化される傾向もあり「多様な将来展望を持ちにくい可能性がある」との指摘もあった。

 同調査に関しては玄田教授も講演で触れ「79%の人が希望を持っており、それを支えているのは教育力」と説明。福井の特徴としては「健康」「家族」が希望の源になっており、年齢層に偏りが少なく行動力のある高齢者が多い点も福井の魅力だと語った。

 「メガネとイノベーション」と題した報告では、技術革新はこれまで産地内に浸透していたが、グローバル化の進展で産業を集積した産地のメリットがなくなったと指摘。「イノベーションの変質」を踏まえ、個々の企業が独自に仕掛ける必要があると提起した。

 12月には2回目の中間報告を行い、12年度に研究成果を取りまとめる。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)