トップページニュース歴史 > かには魚か?さかな、魚、肴 BAYわかさ、今攸

かには魚か?さかな、魚、肴 BAYわかさ、今攸

1997年11月26日

歴史

 福井県は越前・若狭の旬のさかなとして、四季を感じさせ、生産量が多く、おいしいと評判で、県民に親しまれている十七種を選びました。

 それらは春のさより、やりいか、ほたるいか、わかめ、夏のあじ、若狭ぐじ、たちうお、あゆ、越前うに、秋のさば、若狭がれい、越前がれい、あおりいか、冬の越前がに、若狭ふぐ、甘えび、若狭のかきです。

 これらの種を説明していると、わかめや、うにがなぜ「さかな」なのかと頻繁に聞かれます。多くの場合は「魚屋で売っているから」と答えていますが、実は「旬のさかな」は「旬の魚」ではないところに解答があるのです。

 広辞苑によると、さかなは肴(さかな)、魚と書き、酒菜、つまり酒を飲むときに添えてある食べ物を指します。

 従って、水中生活をする脊椎(せきつい)動物のあの魚(うお)のみを指してはいけないのです。

 では、なぜ、「旬のさかな」に枝豆が入っていないのか聞かれる方もおられましょうが、そこは「旬の肴」とは書かないで、「旬のさかな」と書くところから感じ取ってほしいのです。

 学問の世界ではわかめも、うにも水産生物ですが、「旬の水産生物」ではせっかくのおいしい肴も、味気なくなります。

 福井県は県の魚として越前がにを指定していますが、これもまた「かには魚か」とよく聞かれます。

 これらはいずれも、学問の世界でのことではなく、風流な心を持った言葉の”あや”とご理解ください。

 こん・とおし 北海道生まれ。県水産試験場長。県水産課参事を経て平成2年から同場長。敦賀市平和町。58歳。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)