トップページニュース観光 > カニの甲羅酒、口中にまろやかさ 三国町の冬場の楽しみ

カニの甲羅酒、口中にまろやかさ 三国町の冬場の楽しみ

1996年01月26日

観光

 日本海の荒波が打ち寄せる厳しい冬。新鮮な越前ガニの味がますます深みを出す。特に水ガニはびっしりと身が入り、清冽(れつ)な味覚がのどを滑り落ちる。福井県三国町は昨年十一月から温泉も開湯し、冬場に訪れる楽しみがぐっとアップした。

 京福電鉄芦原湯町駅で東尋坊行きのバスに乗る。海岸線を走る車内から鉛色の空の下に大きな波のうねりと、砂浜と見違える一面に広がる真っ白い泡が目に入る。

 東尋坊の容赦のない自然がつくり出した海と奇岩の雄大な景観。地元の人間でも冬訪れることは少ないが、波と岩が織りなすその迫力を一度は見ておきたい。絶壁に立ちカメラを向けると、あられ混じりの強い風に体ごと海に突き落とされそうになる。

 セイコはすでに漁期が終わったが、越前ガニの身が引き締まり、うまさを増すのは一段と冷え込む一、二月ごろ。カニの産地は多いが、県外にも福井のカニの愛好家が多いのは、捕る場所が水深三〇〇メートル前後と浅いうえ、漁船が沖泊まりをせず日帰りで漁をするからだ。

 宿は三国港近くの民宿に予約し、夕食にカニ料理を注文しておいた。おぜんに出てきたのは、まるごとの水ガニ。足には身がたっぷり入り、汁の甘味も一段と強くなっている。早速冷えた体を温めようと、甲羅でカニみそとミックスさせお酒を飲む。口の中にまろやかな味が広がり、酒が静かに五臓六腑(ろっぷ)に染み渡りホカホカしてくる。

 宿のおかみさん(77)は「私らが子供のときはカニはおやつでした。こんな寒い時期は大人たちは甲羅でお酒を飲んでましたが、今は高価な物になってしまって…」と苦笑する。ズワイはちょっと高いが、水ガニなら冬の東尋坊の景色を楽しみながら味わうには最適だ。

 三国町には、昨年十一月七日に三国温泉観光公社経営による「ゆあぽーと」(三国町宿二丁目)が誕生、ほとんどの旅館、民宿でも天然の内湯が楽しめるようになった。有料の「ゆあぽーと」には日本海に面した大浴場「かもめの湯」「みなとの湯」、展望テラス、ラウンジなどがあり、一日平均千二百人の入場者でにぎわっている。

 東尋坊、越前ガニに温泉が魅力に加わったことで、三国町の観光地としての注目度はこれから高くなりそうだ。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)