トップページニュース > 越前町沖に越前がに保護魚礁沈設 県13年ぶりに育成場造成へ

越前町沖に越前がに保護魚礁沈設 県13年ぶりに育成場造成へ

2010年09月25日

 越前がにの漁獲量アップに向け、福井県は13年ぶりに「保護育成場」の造成を始めた。人工の漁礁ブロックを海底2キロ四方に約150個沈め、雌ガニの餌場、産卵場とする計画。エリア内は、底引き網の操業ができないため“禁漁区”となるが、雌ガニの増殖につなげることで資源回復を目指す。

海底に沈設される高さ3・5メートルの漁礁ブロック。筒状の網の中に貝殻が詰まっている=越前町厨  保護育成場とは、コンクリートや鋼製の漁礁ブロックで囲われた領域を指す。水深250メートル付近に集団で生息する雌ガニ保護を目的に、本県沖では1985年~97年度に6カ所(計6539ヘクタール)設けられた。

 今回は越前町沖29キロの水深280メートルで設置を進めている。漁礁ブロックは高さ3・5メートル。初の試みとして、魚の“住みか”となりやすいよう、カキの貝殻を装着したブロックを沈める。貝殻と貝殻のすき間に餌となるゴカイなどが住み着き、カニやカレイの生息数が高まるという。コンクリート製ブロック94基で囲う領域内に貝殻ブロック55基を配置する。



 現在は越前町厨の越前漁港で貝殻ブロックの組み立てが完了。27日から台船で運び出し、9月末までに沈設を終える。県は「越前がに増殖場造成事業」として本年度工事費に9400万円を計上。2013年度までの4年間で4カ所(計1764ヘクタール)を造成する計画だ。

 県内の越前がに漁獲量(雄雌合計)は80年代に年間300トン前後と落ち込んだが、カニ保護に向けて漁期短縮や底引き網の改良、育成場設置などに取り組み、00年以降は500~600トンほどで推移している。県は育成場設置によるセイコガニの資源量目標値を、09年度752トンから14年度900トンとした。

 県水産課は「過去の設置は、近年の漁獲増に役立っていると考えている」とし、「ズワイガニは漁獲サイズに成長するまで10年以上かかる。長い目で計画を進めていきたい」と話している。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)