トップページニュース > 越前がに漁好調 「極」効果 漁獲額23%増 12月末現在 海況が安定

越前がに漁好調 「極」効果 漁獲額23%増 12月末現在 海況が安定

2016年01月16日

 昨年11月6日に漁解禁となった越前がにの漁獲金額(概算)が12月末現在で、前年同期比23%増の約14億5千万円に上っている。3月まで続く漁期全体で、過去最高を記録した2013~14年シーズンの約18億6600万円に迫る勢いだ。福井県水産課は「今季から売り出し始めたズワイガニの最高級ブランド『極(きわみ)』の効果が表れている」とみている。

県水産課によると、12月末までの概算漁獲量は、雄のズワイガニが前年同期比13%増の約137トン、雌のセイコガニが同41%増の約171トン。合わせて同27%増の約308トンとなっている。
 ズワイの漁獲金額は、前年同期比26%増の約10億7千万円で、1キロ当たり単価も同11%増と好調。漁獲量が増えると、単価は需要と供給の関係から下がるのが一般的だが、「極」が全体の価格を押し上げた格好だ。
 極は重さ1・3キロ以上、甲羅幅14・5センチ以上、爪幅3センチ以上の基準を超えた最高級のズワイだけに与えられる称号で、漁初日の初競りで1匹10万4千円の最高値を付けた。12月24日までに水揚げされたのは281匹で、匹数換算でズワイ全体の0・2%しかなく、その名の通り極めて希少性が高くなっている。
 一方、12月末で漁を終えたセイコの漁獲金額は、前年同期比17%増の約3億7千万円。漁獲量が増えた分、1キロ当たり単価は同17%減だった。一般家庭にはズワイは“高根の花”となった半面、セイコは求めやすかった。
 漁獲量が増えたことについて県水産課は「今季は漁解禁以降、12月末まで冬型の日がほとんどなく、海況が安定していた。波が高くて海に出られない日が多かった昨季と比べ、順調だった」と分析。海底の資源量も当初推定した通り昨季を上回っているとみている。
 今季全体の漁獲金額の見通しについては「カニの値段は、需要の多い12月が最も高い傾向にある。今後は荒天の日が多くなると予想され、伸びは落ち着くだろう」としている。
 ズワイの漁期は3月20日まで。2月9日からは水ガニ漁も始まる。
 

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)