トップページニュース解禁 > 年に1度の“光景”越前がに漁解禁前夜 底引き網船一斉出漁

年に1度の“光景”越前がに漁解禁前夜 底引き網船一斉出漁

2011年11月07日

解禁

越前がに漁に向け港を出港する底引き網船の光=5日午後10時15分ごろ、福井県越前町厨

福井県越前町の越前海岸沿いで、年に一晩しか見られない光景がある。越前がに漁解禁の間際、港の沖合に浮かび上がる漁船の“結集”だ。今年も5日夜に約50隻が出そろい、午後10時半の合図とともに一斉に漁場に向かった。(嶋本祥之)

船が多く停泊している小樟(ここのぎ)、大樟(おこのぎ)両港では午後9時20分、20隻以上の小型底引き網船に作業灯がともり始めた。ドッドッドッとエンジン音が響く中、漁師たちは船上で漁具の最終点検を開始。安全と大漁を祈り、一升瓶に入った日本酒を船の至る所にまくなど、初漁に向けて表情は緊迫していた。妻や子どもら家族は船を温かく見守り、「パパ、じいちゃん気をつけて」「ようけとってきとっけの!(いっぱいとってきてね)」と声を掛けていた。

同9時50分、船は次々と出港。家族や住民は、様子が一望できる国道305号の高台に急いで移動、付近には車がずらりと並んだ。船は沖合約2キロ以内でいったん待機。同10時半、無線で全船に出発の合図が下ると、幻想的な“明かりの群れ”となった船は、列をつくり一斉に西へ向かった。

同町漁協によると、解禁前に沖合で待つのは、手が入っていない新鮮な漁場に一刻も早く到着したいためで、一斉出漁は漁師の士気も高めるという。毎年の習わしだが、漁師らは「深夜の風習だけに、地元以外に知る人は少ないだろう」と話していた。シーズン中は午前0時前後の出港が多いが、波次第で時間は毎日異なり、沖で待機することもない。

この日は同町から小型46隻、大型6隻が出漁。漁場が遠い大型船は午後6時ごろに港を出た。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)