トップページニュース2011年2月 > 越前がにの歴史迫る 越前町、悠久塾が最終講義

越前がにの歴史迫る 越前町、悠久塾が最終講義

2011年02月23日

イベント

越前がにの歴史に迫った「越前学悠久塾」の最終講義=越前町織田文化歴史館 福井県越前町教委が主催し、町内の歴史や自然などの魅力を学ぶ「越前学悠久塾」の最終講義が19日、町織田文化歴史館で開かれた。同教委の堀大介学芸員が「越前蟹(がに)の献上と御食国(みけつくに)」と題し講演。古文書などをひもときながら、越前がにの歴史に迫った。

 同塾は昨年5月から、さまざまなテーマで毎月1回開かれてきた。今回は約30人が聴講した。

 堀学芸員は、歴史上で最初に「越前蟹」が登場したのは室町時代の文献で、江戸時代には福井の特産物の一つに挙げられていたと説明。献上については、1910(明治43)年元日の福井新聞の記事を示し「東宮殿下が本県の物産展を訪れた際、当時の知事が献上を申し出、現在の四ケ浦から新鮮なズワイガニを献上したのが始まり」と解説した。

 また、古事記の応神天皇に関する文中には「敦賀のカニ」を意味する「都奴賀能迦邇(つぬがのかに)」という記述があることを紹介。「このカニがズワイガニかどうかは分からないが、今後の研究調査でズワイガニであることが分かれば、越前がにの歴史は古墳時代までさかのぼる可能性がある」と話した。

 講義後には、堀治市教育長から受講者に修了証が手渡された。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)